15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

結婚生活の我慢の限界って?我慢が必要だけど無理な時は?

夫が浮気症

結婚生活において最も重要視されるべきことは、やはり夫の浮気症をどうするかです。

浮気症というのは、なかなか治らないもので、その結果夫に嫌気がさしてしまい離婚をしてしまう、という人も少なくありません。

浮気がバレた時には一時的に反省をしたふりをする人もいます。

しかし、反省したふりではなく、浮気を止めさせなければなりません。

それでも改善されなければ病気と判断して、離婚を考えるのも仕方ないでしょう。

また、ギャンブル癖というのも改善しづらいものです。

ギャンブル通いをどれだけ怒っても止めてくれず、何万円ものお金を無駄に浪費してしまう夫に対して、お金の管理を任せるなんて不可能です。

どれだけお小遣い制を徹底しようとしても、お小遣いなんてすぐに消えて家計からお金を抜いたり、借金をしてしまうようになります。

それではさらにお金の問題が拡大するばかりです。

そのまま直らず放置していれば、家庭はあっという間に破綻してしまいます。

やはり、重要になるのは、夫のギャンブル依存をどれだけ深刻にとらえ、改善しようと努力できるのか、ということなんですよ。

結婚生活には我慢が必要だけど限界なら

結婚生活我慢の限界
浮気男というのはやはり簡単には改善できないのですが、まずは浮気をしているかどうかを一度冷静に判断してみてください。

夫の行動を疑った目で見てしまうと夫婦生活を明るくおくることができなくなってしまう…。

そのような懸念があるのもわかります。

しかし、すでにギリギリの状態まで悩んでいるのであれば浮気を疑っても、疑わなくても夫婦生活は明るくはなりません。

夫のことを許すことができずに疲れてしまったのであれば無理して一緒に生活をおくることはありません。

離婚をしたいと思ったのであれば、浮気の証拠を一度集めてからしっかりと事実をつきつけ、慰謝料をとりましょう。

どちらに責任があり、どうして離婚をしなければならなくなったのか、ということを明確にするというのはとても大切なことなのです。

もし、自力で浮気の証拠を集めることができないのであれば、探偵に調査を依頼してみてください。

また、浮気だけでなくアルコール依存症が原因の離婚も増えてきています。

アルコール中毒というのは病院で治療をしなければならないものです。

ひどくなると暴力を振るわれてしまうこともあります。

一人で簡単に治療できるものではないですので、病院をすすめて、それでも病院に行こうとしないのであれば離婚も考えるべきでしょう。

離婚を切り出すタイミングは、お酒を飲んでいない冷静な時にしてください。

場合によっては暴力を振るわれてしまうことがありますからね。

夫婦には我慢ももちろん必要なことですが、我慢にも限界があります。

思い切って思っていることを伝えてみましょう。

夫婦の関係を改善するために一度勇気を出してみてください。

結婚生活に我慢の限界を感じたら

我慢の限界で離婚
結婚生活に我慢の限界を感じたら、思い切って離婚です。

離婚をしなければ、お互いに精神的におかしくなってしまったり、体調を崩してしまうことも少なくないからです。

場合によってはお互いの気持ちが離れるだけでなく、子供にも影響が出ることも珍しくありません。

結婚生活に愚痴は必要?

愚痴
結婚生活が辛くなり愚痴を言いたいこともあるでしょう。

愚痴は良くないと言われることもありますが、その愚痴によって大切なことに気づくことができたり、気持ちがすっきりして生活を明るく送ることができる、というのもあります。

そのため、出来る限り普段の生活の中で愚痴を言うようにして、しっかりと自分の気持ちを整理するようにしてみてください。

それだけでも夫婦の関係がよくなって、気持ちがすっきりすることもあります。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す