15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

結婚生活のお金はいくら必要?お小遣いや男の本音は?

結婚生活費はいくら?

結婚生活というのはどのくらいのお金が必要なのでしょうか。

特に新婚生活においてはある程度のまとまったお金が必要だと感じるはずです。

まず50万円から150万円未満の貯金額が多いようです。

この貯金額でも上等だと言われています。

やはり多ければ多い方が良いのですが、100万円あればほぼ安心です。

婚約指輪や結婚式、家具や家電の費用がかかるということになります。

そのため、そのようなことをしないのであれば、2人の貯金総額が50万円未満であっても生活をスタートさせることはできます。

ただし、50万円未満の場合には心許ないので、100万円はあった方が良いでしょう。

結婚してからしばらくの間は夫婦2人だけの生活で、しかも共働きであればかなりのペースでお金を貯めていくことができます。

しかし、普段の生活はやっていけたとしても、急な出費には対応できないものです。

結婚をすれば親戚付き合いも増えるので、冠婚葬祭の費用、妊娠や出産など様々なことにお金がかかります。

このお金というのは夫婦のトラブルの原因となりやすい問題ですので、ある程度の余裕は必要です。

結婚生活でお小遣いはどのくらい必要?

お小遣いはいくら?
共働き世帯のようなダブルインカムの状態になると、夫婦が収支を管理してお互いに鑑賞しない、というスタイルの方も多いようです。

家賃や光熱費のように生活に必要なお金は折半して、貯蓄は夫が行う。

そのように分けていることもあるでしょう。

このようなスタイルというのは、共働きで収入がある程度ある、ということが重要です。

金銭的に拘束されるのが嫌だという方はこのような夫婦でお金の管理を分けるというのも良いでしょう。

家庭というコミュニティを作り上げるためにお互いを理解し合うという感覚だと思います。

各家庭においてスタイルは違ってもお金の管理というのは重要です。

その中でお小遣いというのは非常に重要です。

このお小遣いの金額によって夫婦の関係が大きく崩れてしまう、ということも少なくありません。

お小遣いは3万円前後が多いですが、家庭によってその額というのは十分に話し合いをしなければトラブルの原因になります。

結婚生活における男の本音とは

男の本音
結婚生活において男の本音というのは、やはり自分のお金は自分で自由に使いたい、ということです。

そのため、自分が稼いだお金を全て自分で管理している男性もいるようです。

ただし、一般的にこのようなお金の管理というのは妻が行うものです。

にも関わらず、お金の管理を夫が行うのはやはり自然なことではありません。

この夫がお金を管理する、ということを決めるのは、話し合いをした時に夫から切り出すものです。

夫が自分がお金を管理したいと言い出すことが多いのです。

このお金を管理したい理由は、お金を好きなように使うだけでなく、その使いみちがあまり良くない、ということが多いです。

良くない使いみちというのは、つまり浮気です。

浮気をするために、もしくは女性と遊ぶためにはかなりのお金が必要です。

このようなお金を捻出するのは、お小遣いの中だけでは不可能です。

そこで、自分がお金を管理しようとするのです。

結婚生活でお金の不安は大変

お金の不安
夫と妻の金銭感覚がズレているというのは非常に大きな問題です。

お金に関する感覚というのは、夫婦がズレていれば家庭はあっという間に崩壊してしまいます。

さらに子供がいれば、その子供に対してのお金に関する教育を行う場合にも考え方の違いが問題になってしまうのです。

このような考え方の違いから少しずつ夫婦の関係が崩壊してしまうことも多いです。

また、夫がお金を管理していると、浮気や女遊びが激しくなることが多いです。

そのため、普段の生活の中で少しでも浮気をされたくないと思うのであれば、できるだけ早い段階で妻がお金を管理するようにしましょう。

そうすればお金に関する不安もなくなるはずです。

すでにお金に関する不安や疑惑があるのであれば、探偵に浮気調査を依頼してみてください。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す