15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

結婚生活に疲れたら?新婚なのに生活がつまらないなら

結婚生活がつまらない

新婚生活に疲れた人というのは多いです。

新婚生活に疲れたのはなにも熟年夫婦だけではありません。

新婚でも新婚生活に疲れてしまう人というのは多いです。

では、新婚で結婚生活に疲れてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

新婚生活に疲れる理由というのは次のようなものが挙げられます。

新婚になることで、2人の生活リズムが1つになるとどうしてもイライラしてしまうものです。

人に気をつかってしまったり、自分のリズムを崩されると精神的なストレスが大きくなってしまいます。

その結果、普段の生活の中で窮屈感を感じてしまったり、辛い思いをしなければならなくなるのです。

結婚生活に疲れたら離婚すべき?

結婚生活に疲れたら?
結婚生活に疲れた時にはどうすべきなのでしょうか。

そもそも、結婚生活に疲れている原因について考えてみましょう。

まず、家事を全て妻がしているから、というのは代表的な理由だといえます。

家事を分担して行う、という夫婦もいますが、家事は女性の仕事であるという男性もまだまだ多いのです。

専業主婦という言葉があるくらいですので、夫に働いてもらうからには全て自分が行うと思っている方も多いです。

しかし、実はそのような完璧主義者というのは辛い思いをしなければならなくなります。

2人とも平等に働いているにも関わらず、妻が家事を負担している、という夫婦もまだまだ多いのです。

朝起きてから寝るまでずっと妻が家事を負担しているとどうしても精神的に辛くなってしまうものです。

子供のお弁当や朝食の準備をしてから慌ただしく仕事を開始して、仕事から帰ってきても夕食の支度などで忙しい…。

そしてふと見れば自分の時間を思い切り楽しんでいる夫の姿というのはやはり見ていてイライラするものです。

このような状態では、一体なんのために結婚をしたのかも分からなくなってしまうでしょう。

 

さらに結婚後の問題として最も多く話題として上がるのが嫁や姑との関係性です。

嫁として嫁いでから姑との関係に苦労する人は多いです。

母親にとって息子というのはどれだけ成長をしても子供のままです。

その息子を嫁に奪われた、という考え方をしてしまう人も多いのです。

ここで夫が妻を庇ってくれるのであれば新婚生活もうまくいくのですが、夫が庇ってくれないというのは、やはり問題を引き起こすのです。

女同士の関係に立ち入ることが面倒に感じていたり、興味が無いような場合には、結局は嫁と姑の間で問題を解決しなければならなくなります。

それではどうしても問題は悪化してしまうことになります。

一番頼りにしているはずの夫が庇ってくれないというのは、妻にとっては心細く、どうしようもない不安に襲われてしまうことに違いありません。

実家とは異なり、血の繋がっている家族がいない嫁ぎ先においては、夫が頼りになっていなければ誰も味方になってくれません。

そのため、やはり夫にしっかりと庇ってもらえない場合には、離婚を考えてみるのもありかもしれません。

結婚生活がつまらない…新婚なのにやばい?

新婚なのに疲れた
夫に対しての妻への感謝が無いというのは多いかもしれません。

妻が専業主婦である夫婦の場合には、夫は生活費を稼いできてくれる大切な役割を担っています。

その関係性がマンネリ化してしまい、気がついた時には感謝の気持ちを伝えるのを忘れてしまうものです。

年数を重ねるうちに生活がつまらなくなることもあるのですが、新婚であるにも関わらず生活がつまらないと感じられることもあるようです。

気がついた時には、夫婦間での感謝の気持ちや相手を想いやる気持ちは消えてしまい、そのうちにお互いに生活をおくることができなくなります。

その結果、夫が浮気をしてしまうこともあるのです。

夫婦関係が新婚であるにも冷め切っており、お互いの関係性が悪化していると感じるのであれば、浮気をしている可能性を考えて浮気調査をしてみるというのも良いかもしれません。

新婚生活にストレスを感じるのはなぜ?

結婚生活のストレス
新婚生活にストレスを感じてしまうのは、愚痴を言い合うことができないからです。

専業主婦で仕事をしていなくても、大変なことというのは数えきれないほどあります。

ご近所付き合い、ママ友との付き合い、家事といった様々なことをしなければならなくなるのは当然です。

会社員として通勤をしていないだけで、頭を悩ませる問題は数えきれないほどあるのです。

そのため、つい愚痴を言ってしまうこともあるのですが、この愚痴を聞くのが嫌になることもあります。

仕事をせずに家にいる主婦で、自分よりも楽をしているのに愚痴を言うことに我慢ならなくなるのです。

愚痴を言ってしまうのも当然仕方のないことですが、できれば夫にではなく、兄弟や、親、極めて仲の良い友人にだけ愚痴を言うようにしてください。

そうすれば、夫に嫌な思いをさせずにすみますし、夫婦間での関係性を良くしていくことができるはずですので参考にしてみてください。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す