15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

産後クライシスは病気?治療するには?別居もありなの?

産後クライシスは病気?
産後クライシスというのは病気なのでしょうか。

治療する方法というのはあるものなのでしょうか。

産後クライシスは病気であるとは一概にはいえません。

しかし、産後クライシスの精神的なことが原因となっていたり、心や身体の状態を悪くさせているのであれば病気であると考えて良いでしょう。

では、産後クライシスというのは治療をすることはできるものなのでしょうか。

産後クライシスの治療方法は?

産後クライシスの治療
産後クライシスは、産後うつと呼ばれることもあります。

この産後うつというのは、一人ひとり症状が異なるものです。

つまり、その症状に合わせた対処法が必要になるのです。

では、どのような治療法があるのかを考えてみましょう。

まず、周囲の人に相談をして、休養をとるようにしましょう。

産後クライシスになってしまった人は、どうしても1人で抱え込みがちになります。

しかし、身近な人に相談をしたり、協力してもらうようにしてみてください。

相談をしても具合がよくならない場合や、休養をとっていても体調がよくならないような時には、産後うつの専門家に相談をしてみましょう。

心療内科や精神科がこの専門家になります。

症状が出ているにも関わらずいつまでも放置をしていると、症状が悪化してしまい、一過性の産後クライシスではなく、うつ病になってしまうこともあるのです。

 

この心療内科や精神治療においてはどうのようなことを行うのでしょうか。

心療内科や精神科で行われる治療というのはカウンセリングや投薬治療になります。

カウンセリングは、心療内科や精神科だけではなく、カウンセリングかが併設されていることもあります。

保険適用になることもあるのですが、併設されていない場合には病院で確認をしてもらうようにしましょう。

カウンセリングにおいてはカウンセラーの話を聞いて、精神の安定を図る自律訓練法を身につけることもあります。

投薬治療も行われることがあります。

この投薬治療というのは母乳から子供に影響が出るのではないかと思われるかもしれませんが、薬剤の種類によっては全く問題なく服用できるものもありますので、安心してください。

薬が処方された場合には、自己判断によって薬剤を増やしたり、減らしたり、服用を止めたりしてはいけません。

そのような自己判断をしていると、治療がスムーズに行われずに次第に症状が悪化してしまいますので、十分に注意をしておいてください。

産後クライシスになる母親の特徴としては、頑張り屋さんで真面目、ということがあります。

全てを完璧にしたいと思っていても、疲れが蓄積してしまい疲れ果ててしまいますので注意しましょう。

産後クライシスで別居もありえる?

産後クライシスで別居
産後クライシスによって夫婦関係が悪化してしまい、別居をしたい!

そう言われた時にはどうすれば良いのでしょうか。

やはり夫にとっては産後クライシスによって八つ当たりをされてしまうというのはイライラするものです。

そのため、別居を提案されることもあります。

また、産後クライシスによって夫が愛想をつかして他の女性に走ることもあります。

そのような場合にはいちど探偵に浮気調査を依頼するのも良いかもしれません。

では、別居したいと言ってきた時にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

妻が別居したいと言い出した時には、簡単に承諾する夫も多いです。

しかし、夫から別居を言い渡されても、簡単に承諾せずに、少し落ち着いてから一緒に病院に行ってもらうようにしましょう。

それがどうしても無理なのであれば、病院で相談をしてみましょう。

産後クライシスを防ぐには

産後クライシスを防ぐ
産後クライシスを防ぐためには、まず全て自分1人で抱え込むのではなく、周囲に相談をするようにしましょう。

相談する人がいないのであれば、産後クライシスを専門に診ている産婦人科や精神科に思いをぶつけてみてください。

それだけでも、産後クライシスをしっかりと予防することができるはずですよ。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す