15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

産後クライシスは妊娠中にどうすれば予防改善できるの?

産後クライシスにならないために

妊娠中から産後2年間の間に夫との関係が著しく悪化してしまうことを産後クライシスといいます。

この産後クライシスというのはどのように予防、改善すれば良いのでしょうか。

この産後クライシスに陥ってしまう原因は、産後の環境の変化に対して夫も妻も対応しきれていないからです。

そしてそれに対してパートナーのサポートがないことに酷く失望をしてしまうわけです。

その一方で相手の理解や手助けによって夫婦関係が改善される、ということもあるのです。

では、産後クライシスを予防改善するために、夫は妻に対してどのようなことをすべきなのでしょうか。

まず、出産による環境の変化というのはどのようなものがあるのでしょうか。

産後の環境の変化というのはお母さんにもお父さんにもあります。

これまでとは異なり、子供ができたらその分生活費をたくさん稼がなければならない、というプレッシャー、人生設計の再構築など色々なことを考えなければなりません。

さらに会社では仕事に追われますし、家庭内におけるプレッシャーも加わって、家事を手伝うなんてとても大変なことなのです。

ただし、だからといって家事を手伝わなくても良いというものではありません。

お母さんも、家事や育児においてとても大変であることには違いないからです。

そういったことを考えると、家事、育児が全てお母さんの担当だというのは考えものです。

お互いに大変な時だからこそ助け合うということを十分に理解しておかなければなりません。

そもそも、赤ちゃんのお世話というのはとにかく大変なものです。

24時間ずっと付きっきりで赤ちゃんの面倒をみなければなりませんし、泣き声などにイライラしてしまうこともあるでしょう。

さらに家事もしなければならないのですから、夫が仕事を理由に家事をしない、というのは言い訳でしかないのです。

産後クライシスの治し方は?

産後クライシスの治し方
産後クライシスを治すには具体的にはどのようなことを行えば良いのでしょうか。

まず家事です。

家事には食事作りに掃除に洗濯などがありますが、力仕事になることを夫がサポートしてくれるだけでもかなり助かるものです。

また、ご飯作りも負担になっているのであれば、お父さんの時間が少しでもある時に料理を作るというのが理想的です。

料理ができないのであれば、材料を買いに行く、というくらいはサポートしてあげるべきです。

料理も買い物もできないというのであれば、ミルク作りを手伝ってあげてください。

母乳が出ずに悩んでしまうお母さんも多いですので、そのような場合には思い切って半分でもミルクに切り替える、というのはお母さんの気持ちをかなり楽にしてあげることができるのでおすすめですよ。

産後クライシスになりやすい人って?

産後クライシスになりやすい人
産後クライシスになりやすい人というのはどのような人なのでしょうか。

まず、夫婦間で言葉を簡略化してしまう夫婦は産後クライシスになりやすいです。

言わずとも分かる、なんてことは熟年夫婦だから言えることであって、まだ若い夫婦であればそのようなことは不可能です。

ただコミュニケーションが不足するだけで、何の意味もありません。

夫婦間で発生しやすい思い違いといったことも起こりますので、十分に注意してください。

また、被害者意識の高い人はどうしても産後クライシスになりやすいです。

自分はこんなに頑張っているのに!

自分はこんなに大変なのに!

そのような考えをすぐに抱いてしまう方というのは、産後クライシスに陥りやすいので注意してください。

産後クライシスが終わらないなら

産後クライシス終わらない
夫に色々なサポートをしてもらって、産後クライシスを改善できるだけの材料は集まっているにも関わらず改善されないのであれば、夫婦関係は悪化します。

そして夫が浮気をしてしまうこともあるのです。

産後クライシスによって夫が浮気をしている可能性があるのなら、すぐにでも探偵に調査をしてもらいましょう

探偵に調査をしてもらって浮気をしているのかどうかを明確にしなければさらに精神的に病んでしまいます。

そして育児ノイローゼになってしまうこともあるので、早急に対処することが必要不可欠なんですよ。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す