15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

産後クライシスとはなに?産後クライシスの原因は?甘えが原因?

産後うつ

妊娠中であったり産後に女性の身体、心に変化があるというのはよく知られています。

理由もないのにイライラしてしまったり、悲しい気持ちに襲われてしまうなど情緒不安定になってしまうこともあるでしょう。

さらに不眠などの症状が産後3日くらいまでに出るのをマタニティブルーといいます。

一過性のものではなく産後3日目までに現れるものを指します。

一過性のマタニティーブルーとは異なり、長期化することもあります。

その症状も深刻化してしまうことがあるのですが、この産後うつを含む女性の問題というのは色々なメディアににおいても取り上げられてきた問題ですので多くの方がご存知でしょう。

しかし、現在においてはこのような問題を妻の問題ではなく夫婦の問題であると捉えていることも多いです。

育児も家事も女性が行うものであるという考え方の残る日本ですが、女性の社会進出によってライフスタイルというのはどんどん変化していきています。

そのようなライフスタイルの中でも産後に母親の負担が非常に大きくなってしまい、その結果夫婦関係が悪化してしまいます。

このような状態を産後クライシスといいます。

調査機関において産後の夫婦に行った調査では、産後になると夫への愛情は急速に冷めてしまうともいわれているのです。

さらに、夫婦関係の危機というのは都市部の夫婦においてよく見られるようです。

頼れる家族が近くにいないことや、仕事のある方もいます。

夫の協力がなければ妻の負担がどんどん増えてしまい、気がついた時にはそのような負担が夫に対しての不満へと変化してしまうわけです。

夫に対する嫌悪感というのはホルモンバランスの乱れが原因となっているともいわれています。

それ以外にも色々な原因があるのですが、育児や家事における負担が大き過ぎるからです。

そのような時には夫に協力をしてもらったり、1人の時間を作ってもらうというのも良いのではないでしょうか。

家にいる妻がいつもイライラしている状態というのは、夫もやはり居心地が悪くなってしまったり、妻との関わらないようにしてしまうものです。

その結果、妻に負担がかかり、妻は夫に対して不満が増えてしまうのです。

そのような連鎖が起きてしまうと簡単には夫婦関係を改善することができなくなってしまいますので、十分に注意をしなければならないのです。

産後クライシスの原因ってなに?

産後クライシスとは
ホルモンバランスの急激な変化が産後クライシスの原因となっていると言われています。

妊娠すると子宮内において胎児を育てるために黄体ホルモンのようなホルモンの分泌量が増加します。

そしてホルモンバランスに大きく影響するようになります。

出産後には元に戻るために妊娠中に急激に増加したホルモンが減少します。

ここでホルモンバランスは大幅に変化するのです。

ホルモンバランスの変化によって自律神経のバランスが乱れてしまうことで精神を安定させる作用のあるセロトニンの分泌量が低下してしまいます。

急に涙を流したり、突然イライラしたりといった不安定な状態になってしまうのです。

このような不安定な感情をコントロールするのは困難です。

産後クライシスは甘えではない

産後クライシスは甘え?
産後クライシスは誰もが発症する可能性があります。

しかし、この産後クライシスは、甘えが原因となっていることもあるのです。

近年では雑誌やテレビにおいてイクメンという言葉を見かけることも多くなっています。

男性が育児参加をするのが当然であるという考え方が浸透してきているのですが、やはりそのような情報があれば自分の夫もイクメンになってほしいと思うのは当然です。

しかし、現実としては子供と遊んでいるだけだったり、家事は一切手伝ってくれず、散らかしてばかりということもあります。

理想と現実とに非常に大きなギャップを感じてイライラしてしまうこともあるでしょう。

しかし、夫に対して完璧を求めるのではなく、手伝ってくれるだけ有り難い、という考え方が非常に重要になるんですよ。

是非覚えておいてください。

産後クライシスカウンセリング

カウンセリング
産後クライシスカウンセリングというのは、産後クライシスにカウンセリングを受けることで、沈んだ気持ちを回復できるでしょう。

産後クライシスによる症状というのは、心と身体を簡単には正常に戻すことができません。

そして一度症状に悩んでしまうと、泥沼にハマったような状態になります。

自分が悪いのかもしれないし、もしかしたら自分は悪くないかもしれない…。

そのようなことを悩んでいると、次第になにが正しくてなにが正しくないのかわからなくなり、気がついた時には自分を責めてしまいどうしようもなくなってしまうこともあります。

そのような状態にならないようにするにも、産後クライシスになった時にはできるだけ早く症状を緩和できるようにしなければなりません。

産後クライシスは時に家族をバラバラにしてしまうこともありますので、非常に大変なことなんですよ。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す