15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

産後クライシスから復活できる?夫婦生活が崩壊することもあるの?

産後クライシス協力

産後クライシスから復活するにはどうすれば良いのでしょうか。

産後クライシスというのは出産後の女性であれば誰もが発症する可能性のあるものです。

産後クライシスから復活するためにはやはり周囲の協力が必要です。

友人、親戚、ご近所さんなど周囲に色々な人がいるとは思いますが、中でも夫の協力というのは必要不可欠です。

夫の協力なくして産後クライシスを乗り越えることは簡単ではないのです。

産後クライシスで辛い時こそ、周囲に助けを求めてみてはどうでしょうか。

産後クライシスと夫婦生活

産後クライシス夫婦生活
出産後に夫婦仲が著しく悪化する産後クライシスですが、産後クラシスというのは夫婦生活を簡単に崩壊させてしまいます。

そもそも、産後クライシスというのはどのくらい続くものなのでしょうか。

この産後クライシスはホルモンバランスが原因となっていることが多いです。

これは動物に見られる子供を守るための行動になりますので、産後クライシスは大体3ヶ月から半年程度になるといわれています。

ホルモンバランスの回復というのは目安であって、そのタイミングで必ず産後クライシスが終了するというものではありません。

夫婦生活が悪化してしまっていても、なんとか時間が過ぎるのを待つようにしてみてください。

産後クライシスと旦那との過ごし方

旦那との過ごし方
産後クライシスは夫の育児不参加が原因となっていることが多いです。

夫が育児に一切参加してくれなかったり、育児に参加する割合が少ない場合には妻は夫に対して対して不信感が募り、気がつけば夫への苛々が頂点に達してしまうということもあるのです。

さらに夫は子供が生まれてもいつまでも自分の人生を楽しもうと思っている事が多いです。

そのくせに、周囲には自分がイクメンであるとアピールすることもあります。

そのようなことが産後クライシスの症状を悪化させていることもあるんですよ。

そのため、産後クライシスには旦那に育児にも参加してもらい、子供について色々と語り合うということが重要になります。

産後クライシスは二人目の子供でも起きる?

産後クライシス2人目
産後クライシスは二人目の子供でも起きることはあります。

一人目は大丈夫だったのに、二人目になると産後クライシスになってしまった、ということも十分に考えられます。

産後というのは女性には非常に大きな変化が起こるのですが、お互いを思いやって子育ての臨むことが大切です。

特に、母親が家庭内において笑顔で過ごすことができなければ、一人目の子供が悲しい思いをすることになります。

お母さんが笑顔でいられるように、やはり旦那の協力が不可欠です。

専業主婦というのは閉鎖的な空間において子育てに疲れてしまったり、不安になることもあります。

そのため、旦那が仕事から帰ると、ついつい手伝いをして欲しい、育児に参加して欲しいとアピールしてしまうものです。

お母さんが喜ぶことを積極的に行いたいものですよね。

少しでも話を聞いてほしい、育児をサポートしてお母さんが何か自由に過ごせる時間を作るというのも重要です。

感謝の気持ちを伝えるのもまた重要になります。

また、旦那というのは何をして欲しいのか、何をすれば良いのかが全く分かっていません。

そのため、して欲しいことを自然としてくれるのを待つのではいけません。

期待している行動をとってくれることはおそらくありません。

それではストレスが溜まってしまいますので、自分の気持ちを夫にしっかりと伝えて、して欲しいことがあれば明確に伝えるようにしましょう。

そして夫が手伝いをしてくれたら、思い切り最高の笑顔でありがとう!と言いましょう。

このして欲しいことを言う、感謝の気持ちを伝えるというのは基本的なことですがついつい忘れてしまうことがありますので十分に注意しておいてください。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す