15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

結婚生活の初期費用って?貯金がないとやっぱり夫婦円満にならない?

家具などの購入
新婚生活と言えば、やはり誰でも家に関係する費用がかかると思います。

具体的にいえば賃貸物件というのは敷金や礼金といったものがあげられます。

そしてワークスタイルによってどのくらい費用がかかるのか、ということも大きく影響してきます。

さらにインテリアや家具、家電製品といった新生活をスタートするうえで揃えなければならないことはたくさんあります。

初期にかかる費用であったり、家賃の負担においても違いが出てきます。

新生活をスタートするうえで必要な費用というのは、平均すると100万円程度だといわれています。

ワークスタイル、そしてライフスタイルとを両立できるように住む場所、間取りといったものを細かく話し合って、最初は忙しくも仲良しできるはずです。

初期費用を抑えることも重要ですが、あまりにもケチケチしているとお金の遣い方によって夫婦仲が悪くなってしまうこともあります。

新婚生活に家電や家具はやっぱり必要

新婚生活での家電購入
新婚生活をおくるうえで、家電や家具というのはやはり欠かせないものです。

このような家具や家電を準備しておくことができれば、やはりそれだけたくさんの費用が必要になるのです。

この家電や家具がなければやはり不自由な生活になります。

本来であればこのような家電や家具というのは夫婦二人で揃えるのですが、この時期には結婚式の準備などの後でお互いにクタクタに疲れています。

その結果、新婚生活をスタートするどころではなく、お互い機嫌が悪くなったり八つ当たりをしたりととにかく大変なことになるのです。

このような大変なことになってしまうと、結果的に非常に辛い思いをしなければならなくなります。

そのため、まずは新婚生活をおくるためにも、新婚生活のために家具家電を揃えるだけではなく、お互いの関係性についても理解しておかなければなりません。

夫婦関係がだめになる…金銭感覚が合わない

金銭感覚のズレ
夫婦関係というのは性格の不一致や様々なことで簡単に崩壊してしまいます。

しかし、その中でも金銭感覚の不一致というのは夫婦関係を崩壊させる大きな問題となってしまいます。

金銭感覚が合わないというのは夫婦がしっかりと生活をしていくうえでマイナスになります。

そのため、夫はもちろん妻もですが片方が著しく金銭感覚がズレていると、言い争いが絶えなくなることが多いです。

そして言い争いが多くなると結果的に片方が浮気をしてしまうなど、本来であれば決してしないような過ちを犯してしまうのです。

新婚生活で貯金がないのはだめ

新婚生活貯金ないとだめ?
貯金というものはどれだけあっても邪魔になることはありません。

むしろないよりもあったほうがやはり良いのです。

いつ何時、急にお金が必要になるかもわかりません。

将来的に貯金があった方がやはり安心できるわけです。

今の世の中、出ていくお金というのは非常に多く、なかなか思っているように貯蓄できないものです。

では、貯金できない時にはどうするべきなのでしょうか。

貯金がないというのは、やはり子育てにおいて大きな問題になります。

やはり貯金がなければ急な出費に対応できません。

さらに子育てが終わってから老後の不安を感じることもあります。

長生きをした場合には年金だけで生活をするというのは簡単ではありません。

もらえる時期も遅くなってしまうかもしれません。

病気をしてしまえばもちろんですが、やはり色々なことにお金がかかります。

しかし、貯金がないということが問題なのではなく、貯金ができない金銭感覚が問題なのです。

やはり、貯金ができない金銭感覚というのは後々になって夫婦関係を崩壊させることにも繋がります。

金銭感覚がズレていれば、夫婦仲が悪くなり浮気をしてしまうなどさらに大きな問題になることがあります。

浮気をされれば探偵に調査を依頼すれば良いですが、できるだけその前に浮気の原因となる夫婦間の溝は埋めるようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す