15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

出産後夫婦関係が悪いのはどうして?夫婦関係を割り切るのは良いこと?

出産後の夫婦関係

育児で疲れ、不安だらけの状態で自分だけが頑張っているような気がする…。

そのような人も少なく無いと思います。

何人目の子供でも、やはり子供の面倒をみるというのは体力、精神力が必要になります。

初めての育児ともなればなおさらです。

にも関わらず夫の帰りが遅いともなれば1日の大半を自分一人で育児しなければならない、ということになります。

夫を思いやっていればやはり、仕事から帰ってきたところでなにかを頼むというのは申し訳ないように感じてしまいます。

休日などはとくにゆっくりと休んでほしいと思うものです。

そんな日々が続いている時に限界が来てしまうと、自分一人で頑張ってきたという孤独感に陥ってしまい、夫に対して怒りを感じてしまうようになるのです。

そしていつのまにか夫に対して優しい気持ちを持つこともできず、夫婦仲が悪化していくのです。

夫に頼りたい時に頼れなければどうしても辛い気持ちになります。

育児を直接行うだけでなく、買い物に一緒に行ってくれる、というだけでもかなり助かるでしょう。

女性が小さな子供抱いたままで買い物をするともなれば体力も消耗してしまい辛く感じます。

そういったことから夫婦間に愛情が失われていってしまうのです。

夫婦関係を割り切る仮面夫婦

仮面夫婦
夫婦関係を割り切ることで仮面夫婦になってしまうことというのは珍しくありません。

仮面夫婦も結婚当初から始まるわけではありません。

仮面夫婦になるのにはそれなりの理由があります。

仮面夫婦は時間をじっくりとかけてお互いの溝が深まって、それからお互いに無関心になっていくのです。

この場合、お互いがすぐに離婚ということにはほとんどなりません。

初めは小さなすれ違いだったとしても、次第に話が合わなくなったり、相手に対して不信感を抱いてしまったりといった生活を続けて少しずつ不信感が嫌悪感へと変わってしまうのです。

そして一緒にいるだけでも嫌になってしまったり、顔を見るのもうんざりしてしまうこともあります。

そんな時、無関心になることで相手に対してなにかを望むことはなくなります。

専業主婦で、夫に対して興味がなくなり、とにかく家計を支えるだけでも良い。

生活のために一緒にいるだけ。

そのように考えてしまい、結果的に無関心になっていきます。

時間をかけて次第に無関心になっていく夫婦は、ある意味お互いが納得して割りきった関係になっています。

しかし、相手が浮気をしたことで仮面夫婦になった場合には大変です。

子供のため、世間体のためにと仮面夫婦になっているのですから。

浮気をした人というのは初め罪悪感から関係修復を試みるのですが、相手が態度をどんどん硬化させていくので、もう修復することができないくらいに酷い状態になってしまうこともあるのです。

浮気が理由の仮面夫婦というのは浮気をされた側がパートナーに対して嫌悪感を抱き、結果的に無関心になってしまうのです。

そのため、関係を修復するのは簡単ではありません。

離婚した方が子供の為になったり、お互いのためになるのではないかと思ってしまうこともあるでしょう。

それでも、面倒なことを避けたいというだけで仮面夫婦として一緒にいることを選ぶ夫婦もいるのです。

夫婦関係をやり直したいけど無理なの?

夫婦関係やり直したい
夫婦の会話もなくちょっとしたことでも大きな喧嘩をしてしまうことがあります。

離婚を言い渡されたけど、離婚をする気持ちにはなれない…。

なんとか気持ちを取り戻したい!

浮気をされた人などはやり直したくてもなかなかやり直せないということもあるでしょう。

浮気されたということがショックで、毎日の生活が辛くてどうしようもない、ということもあるでしょう。

そこで、夫婦の関係を修復したいと考えているのであれば、一度第三者に相談をしてください。

夫婦二人で話し合いをしても、まず間違いなく良い結果にはなりません。

そのため、全く夫婦に関係のないカウンセラーなどに相談をするのが良いでしょう。

夫婦関係を良くする方法は?

夫婦関係良くする
夫婦関係というのは良くすることも、悪くすることもやはり夫婦二人にすべてはかかっています。

万が一パートナーが浮気をしているのであれば、その場合には探偵に調査を依頼して浮気相手をはっきりさせて、証拠を手に入れるようにしましょう。

そして浮気をしっかりと片付けて、そこから夫婦関係を良くできるようにしましょう。

少しずつ壊れていった夫婦の関係は、時間をかけて修復していくしかないんですよ。

慌てて2人で話し合いをしていても、結局口喧嘩になって、関係が悪化してしまいます。

さらに昔のことを蒸し返して、あの時はこうだった!あの時は私は悪く無い!

なんて言い合いになってしまえば、もう手もつけられないくらいに激しい喧嘩になってしまうこともあるのです。

そうなれば、まず2人の関係を修復することは不可能になりますので、まずはお互いの意見を言い合うと同時に、お互いのことを思いやる、ということが大切です。

思いやる気持ちを思い出せれば、少しずつ関係を修復することはできるのではないでしょうか。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す