15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

妻が家出で子供も連れて行った…家出人の捜索と迎え方

子供と家出した

ただの夫婦喧嘩、浮気など様々なことが原因となって妻が家出をしてしまった…。

そのような場合、妻だけでなく子供も連れて行ってしまったとしたら、重大な問題です。

仮に妻が浮気をして子供を連れて浮気相手のところにでも行こうものなら許せることではありません。

妻が子供を連れて家出したのであれば、一刻も早く居場所を突き止める必要があります。

妻が家出で子供を置いて行った

子供を置いて家出
妻が家出をする時には、やはり子供を連れて行くことが多いです。

 

しかし、子供置いて行くこともあります。

まず、家出を考えた時に子供を連れて行く人の大半は、離婚という最悪の状況を考えたうえで子供を連れていくようです。

子供がいる夫婦にとっては離婚というのはまさに最後の手段です。

最終的に離婚を見据えているのであれば、子供を連れて行くのも納得がいきます。

もしも子供を連れて行かなかった場合には、育てる意志がないと判断されてしまい、子供を連れて離婚すること自体できなくなる可能性があります。

家出をする時に子供を置いて行く人というのは、家出自体を長期的に考えていない場合が多いです。

子育てというのは夫婦で行うものであり、いつも自分に子育てを任せっきりの夫に対して抗議をしているのです。

このように、家出において子供を連れていくのか、それとも置いていくのかによって妻がどのくらい本気で家出したのかということを判断できるのです。

妻の家出と捜索方法

家出の捜索
妻が家出からなかなか帰って来ない、という場合には単なる家出ではないかもしれません。

 

家出人捜索願の届け出をするなど捜索を開始する必要があります。

家出人捜索願というのはどのように届け出をすれば良いのでしょうか。

警察において失踪をした人が、自分の意志で姿を消してしまった場合には、家出人と判断されます。

家出人を探すために家出人捜索願を届け出なければなりません。

この家出人捜索願は管轄署や交番においても行うことは可能です。

ただし、家出人捜索願の申請をすることができるのは、配偶者や親族、保護者に限られます。

血縁関係が無い方や恋人、友人の場合には届け出をすること自体ができません。

そのような場合には親族に連絡をとって、その親族から捜索を依頼して貰う必要があります。

妻が家出をしてその行方が分からない場合には捜索願を出すことが可能ですが、できれば事を大事にしたくない、という方もいるでしょう。

でも妻がどこへ行ってしまったのかを知りたい、というのであれば、その場合には探偵に調査を依頼してみてください。

探偵であれば周囲には知られないように、妻を探してくれるはずです。

妻を家出から迎える時の注意点

妻を迎える
妻が家出をして、家出から帰って来た時には、文句を言いたいところだと思います。

 

その家出の原因が浮気なのか、喧嘩なのかといったものは置いていおいて、やはり家出をした事自体を責めたくなるはずです。

しかし、そこは一旦ぐっとこらえておいてください。

そしてどうして家出をしたのか、ということを妻と十分に話し合って、妻の気持ちを一旦汲み取りましょう。

もしも妻が浮気をして、そのことが原因で家出をしたのであれば、その場合には二度と浮気をしないことを約束させてください。

それからしばらく時間が経過してから、探偵に浮気調査を依頼してください。

そこでもしも再び浮気をしているようであれば、すぐにでも証拠集めをしてから、浮気の証拠を武器にして離婚をして妻に慰謝料の支払いを要求しましょう。

このように妻が家出をした理由、どのくらいの期間家出をしたのか、ということから色々なことが分かります。

家出をしたのであればただ慌てるのではなく、一旦色々と考えてみましょう。

そうすれば、これからどうすれば良いのか、ということが分かってくるはずです。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す