15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

女友達が喧嘩の原因?そのまま離婚もありえる!

夫の女友達

女友達というのは妻にとってはまさに自分の縄張りを荒らす余計なハイエナのようなものです。

せっかく自分が夫を占領しているのに邪魔をしてくるのか…。

もう考えただけでイライラしてしまうこともあるでしょう。

しかし、女友達というのは必ずしも邪魔をしてくるものでもありません。

夫の良き理解者であり、夫の仕事や妻では解決できない悩みを解決するうえで大切な存在となっているかもしれません。

しかし、夫との距離があまりにも近すぎる女友達には注意しましょう。

夫とその女友達の間では間違っても身体の関係なんてない!

そう思っているかもしれませんが、結局は男と女であることには違いないのです。

ふとした時にそのような浮気の関係になってしまうこともあるんですよ。

夫の女友達が原因で離婚をしたい

夫の女友達が原因で離婚
夫が女友達と仲良しというのは良いことです。

異性とも同姓とも仲良くすることができ、人望があるというのは、妻としては喜ばしいことなのです。

しかし、どうもその女友達との連絡回数があまりにも多い、という場合には注意が必要です。

というのも女友達とはいっても間違いが起きないとは限りません。

さらに、女友達との連絡の内容を教えてくれなかったり、妙にコソコソ連絡をとるようになった…。

そのような場合にはその女友達がすでに浮気相手になってしまっているかもしれません。

妻を抱けないから離婚したいと言われたら

妻を抱けない
プロポーションを保つために一生懸命に努力しているのに、何故か全く抱いてもらうことができない…。

そのような場合には単なるセックスレスなのかもしれませんし、妻を抱かなくても良い理由が隠れている可能性があります。

やはり夫婦ですから何度も身体を重ねているうちに妻の身体に飽きてしまう夫もいるでしょう。

それならまだしも、もう妻ではなく他の女性に対して夢中になっている可能性もあります。

ただ性的欲求を満たすためだけなら、なんとか夫の目を覚まさせることもできるかもしれません。

しかし、気持ちまで浮気相手に夢中になっていれば、夫との幸せな生活を送ることはできないかもしれません。

その場合には相手に離婚を言い渡される前に、こちらから夫に対して離婚を要求しましょう。

証拠をしっかりと集めて慰謝料まで支払ってもらいましょう。

妻の臨月に飲み会に行くのは怪しい

臨月に飲み会
臨月というのはまさに妊娠をしている女性にとっては正念場です。

いつ、どのように身体に変化が起きるかも分かりませんので、できれば夫には緊急時に備えてそばにいて欲しいと思うものです。

仕事が終わったらできるだけ早く帰って来てほしい…。

そんな願いも虚しく、連日飲み会飲み会…。

挙げ句の果てには休日も休日出勤やゴルフ…。

いくら女性の身体に詳しくない男性でも、臨月は妊婦さんにとっても、赤ちゃんにとっても大切な時期であるということくらいは分かっていると思います。

にも関わらず、いつまでも独身かのように好き勝手にしているというのは腹が立つものです。

しかし、それはただ自覚が足りないだけではなく、浮気をしている可能性もあるのです。

臨月の大事な時に妻のそばにいることもせず、ただただ自分の性欲を満たすために浮気を繰り返す男性というのは非常に多いのです。

そのような夫は、まず妻が出産をしたとしても浮気を止めることはありません。

そのため、赤ちゃんが生まれるまでは夫を泳がせておいて、出産して身軽になったらすぐに浮気の証拠集めを開始しましょう。

自分で証拠集めをするのが大変なのであれば、その場合にはプロの探偵に浮気調査をしてもらいましょう。

浮気相手が誰なのか、そしてこの先どうしたいのかを明確にして、離婚をするなら慰謝料をたっぷりと受け取りましょう。

母親として子供のために慰謝料や養育費の支払いを確実に行ってもらうというのは絶対に忘れないでください。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す