15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気で離婚になるのは珍しくない!浮気で離婚して復縁はあるの?

浮気で離婚

浮気というのは男性も女性もしてしまう可能性があります。

しかし、割合でいえば、夫が浮気をしてしまうことが多いようです。

ただ近年では妻の浮気もまた増えてきています。

では、浮気が離婚の原因になってしまうのでしょうか。

浮気は離婚原因としてどれくらいあるの?

離婚原因
離婚理由として多いのは、浮気や夫婦の性格の不一致になります。

しかし、その中でも最も多いのが妻、夫の浮気になります。

もちろん生活費をくれなかったり、家庭生活を維持する気持ちがない、といったものがありますが、やはり浮気をしているというのは夫婦として最も耐えることができないものなのです。

不倫をしている事を隠しているにも関わらず、浮気をしている夫から別れたいと言ってくることもあります。

さらに、浮気をしているにも関わらず、いきなり「ずっと我慢していたけど、そもそも性格が合わなかった」なんて言い訳をつけて離婚を要求してくることもあります。

性格が合わないから離婚をする、というのは夫婦2人の性格が合わないから離婚をする、という意味です。

本当は浮気をしていて、その浮気をしているということを隠すために、性格の不一致を離婚の原因にする男性も多いんですよ。

浮気による離婚から復縁はできる?

離婚からの復縁
浮気による離婚の危機を迎えている状態で、浮気をした夫が復縁を望むことが多いです。

浮気や不倫が離婚の原因となっているため、なかなか復縁も簡単ではありません。

しかし、夫側は性行為をしたという明確な証拠などもまだ揃っていない状態であれば、少し言い訳をすれば意外と上手くいくのではないかと考えてしまうのです。

妻を少し言いくるめれば良いと思っている場合もあるでしょう。

しかし、実はそんな簡単な問題ではありません。

妻が本当に問題視しているのは、浮気をしていることはもちろんですが、夫の態度や普段からの接し方なども問題になっているのです。

例え夫が上手に言葉で妻を丸め込もうとしても、口先だけで謝罪をしたとしても、本質的な部分が一切改善されていないので、結局は浮気による離婚危機から復縁をすることができる、というのはあまりありません。

浮気夫に対しての離婚の条件

離婚の条件
浮気発覚後に夫と言い争いをしていると、それまでは知らなかった夫の性格、本質的な部分が見えてくることがあります。

今後のことや子供について考えてみると、夫の存在価値自体に疑問を抱いてしまうこともあるでしょう。

しかし、結婚をしてから家庭に入って、専業主婦なのであれば、離婚をしてからフルタイムで働くなんてとてもできない。

そんな思考に頭が支配されてしまうこともあるでしょう。

そのような場合には、少しでも良い条件で離婚できるかどうか、ということを考えておきましょう。

離婚の条件の1つとして慰謝料、養育費、生活費を支払ってもらうことを約束するようにしましょう。

協議において条件を夫が飲んでくれれば不可能ではありません。

協議離婚の場合には法律など関係なく2人の間で取り決めたことですので、法律の入る隙はありません。

 

ただし、協議離婚においては公正証書に残しておくようにしましょう。

実は、現実的なことを言えばこのような公正証書に記録を残していても、結局は全く支払いをしてくれない、という夫もいるのです。

というよりも、決められた額の支払いを行わない人の方が多いのです。

にも関わらず、公正証書自体をしっかりと作成していないというのはあまりにもお粗末な話しです。

協議離婚をする場合にはもちろん、2人でなにかを取り決めたことがあるのであれば、必ず公正証書に残しておくようにしてください。

後々になって後悔してしまうことになりますよ。

話し合いの内容、取り決めをした内容は証拠として残すことを忘れないで下さい。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す