15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

妻の料理が下手だと離婚理由に?精神的な部分も離婚の原因になる!

料理が不味い

料理が下手すぎる妻と結婚をすると、その料理が下手すぎることによって離婚も仕方ないと思っていることが多いです。

というのも、不味い料理が改善されない場合には、その後もずっとその料理を我慢しなければならない、食生活というのは生活における基本的なことだからと離婚を決意する方も多いのです。

もちろん、料理というのは練習をしてどうにかなるレベルのものもあるのですが、基本的に味覚がズレていて正常な味にすることができない、ということもあり得るわけです。

つまり、料理が下手でも、ある程度は努力をしている姿を見せること、ある程度努力によって改善できるレベルであることが重要になるのです。

自己愛性人格障害で妻と離婚できる?

自己愛性人格障害
自己愛性人格障害というものを聞いた事はありますか?

自分を愛する、ということは非常に大切なことではあるのですが、病的に肥大化してしまい自分自身に対して誇大感を過剰に持つようになってしまうとそれは自己愛性人格障害と呼ばれるようになるのです。

自己愛性人格障害の人というのは、自分がなによりも絶対的に正しく、合理的であると信じて疑いません。

そして常に自分が間違っていない、という認識を持っているので専門家などに相談をすることもありません。

自分が一番正しいのですから。

このように自己愛性人格障害を発症すると、モラルハラスメントの加害者となってしまうことがあり、それが離婚の原因になってしまうこともあるのです。

実家依存症の妻は離婚の原因になる?

実家依存症
子供が熱を出してしまった…。

お金がキツキツだから助けてほしい…。

そのような時についつい実家に頼ってしまうこともあると思います。

そういったチョットした実家頼み程度であればまだ良いでしょう。

しかし、結婚をしてから、週に何度も何度も実家に遊びに行っていると、実家の居心地が良すぎて実家に完全に依存してしまうことがあるのです。

実家に依存を続けていると、実家に頼らずには生きていくことができなくなったり、なによりも実家が大切であると判断してしまうようになるのです。

実家に依存すると、夫婦間の関係が悪くなってしまうことがあるので注意しなければなりません。

実家依存症によって離婚を言い渡されることも意外と多いようです。

精神病が原因で妻と別居や離婚になることもある

精神病で別居
うつ病や精神病によって別居や離婚をするというのは珍しいことではありません。

結婚相手がうつや精神病になったために離婚をしたいというのは、離婚事由として認められています。

ただし、強度の精神病によって離婚を認めてもらうためには、離婚後においても精神疾患を発症している妻が、しっかりと安定した生活をおくることができるように対策ができていなければなりません。

結婚相手が精神病になったからといって、無条件にそのまま離婚できるわけではないのです。

うつ、精神病が離婚で問題になるのは、離婚をすることが原因となって精神病を発症した場合です。

特に夫の浮気が原因の離婚によって妻がうつ病になった場合には、離婚自体が非常に複雑な問題に発展してしまいます。

適応障害の妻と別居や離婚はできる?

適応障害の妻と別居
適応障害と別居や離婚というのは密接な関係性にあります。

適応障害の理由というのは、家庭内に隠れていることもあります。

夫の態度に不満を感じたり、そのようなことを我慢しているうちにストレスを感じてしまうなどして適応障害を発症している場合には両者で必ず話し合いをしたうえで改善できる部分は改善しなければなりません。

適応障害について理解もせずに、改善する気もないのであれば、適応障害を改善することはできないでしょう。

統合失調症の妻と離婚

統合失調症の妻と離婚
統合失調症の症状というのは急性期が最も症状が酷くなります。

この急性期においてどんどん症状がひどくなっていきます。

統合失調症というのはまだまだ理解されていない病気なのですが、家族、親族を巻き込んでしまうくらいにひどい症状が出ることもあります。

しかし、統合失調症を患っている妻がいても、しっかりと生活をおくることができる人もいます。

そのため、まずは統合失調症について理解をする努力をし、それでも無理であれば、離婚を考えるのも良いでしょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す