15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気をすると親権はどうなるの?浮気と親権について

浮気 親権

不倫と親権というのは切っても切れない関係にあります。

裁判所においては不貞行為、そして親権者の指定とは別の問題であるという考え方が基本的にはされているのですが、これはあくまでも建前上であるといえます。

子どもの親権者として本当の意味で相応しいのか、それとも相応しくないのかということがなによりも重要視されるからです。

単に不貞行為をしただけで、子どもの面倒はしっかりと十分過ぎるくらいにみていた。

というのであれば、親権者としての適格性が無いとは決して言い切れないわけです。

不貞行為が親権者の不的確さを証明する要素として位置づけられてしまっただけで、不的確な要素があるような場合には浮気をした側が親権を取ることができないことももちろんあるわけです。

浮気をしても親権はとれる?

子どもの親権

妻の浮気が原因となって離婚をする場合の親権ですが、妻が浮気をした場合に夫婦間に子どもがいるのかどうかというのは非常に大きなポイントになります。

面倒を見ることができないからといって浮気の原因を作った妻が子どもを引き取っても本当に問題はないのでしょうか。

気になる離婚後の親権ですが、子どもの親権というのはよほどのことがなければ母親に有利に働きます。

離婚における子どもの親権を決定する時に最も重要視されるのが子どもの幸せというのは一体どのようなものなのか、ということです。

急に家庭状況が変化して子どもの気持ちが不安定になってしまう、というようなことを避けるためにも、これまでと同じように生活を送ることができるようにしてあげなければならないのです。

そうはいっても、浮気をされた妻に子どもを奪われるなんて絶対に嫌だ!

それは当然のことです。

しかし、離婚と親権問題というのは別の問題ですので、夫が親権を得ることができる確率というのは非常に低いと考えて良いでしょう。

では子どもの親権が父親側に渡るのはどのような時なのでしょうか。

それは妻が子どもに対して虐待をしていたり、育児放棄をしているといった場合です。

そして子どもが母親ではなく父親と一緒に暮らしたいという意志がある場合になります。

さらに妻が夫に対して暴力をふるっている場合や、夫が育児の大半を行っていた場合です。

このような場合には父親に親権が渡る可能性が高くなるのです。

というのも、やはり夫に対して暴力を振るっていたという事実があるのであれば、離婚して暴力を振るう相手が変わる可能性もあるのです。

つまり、今後は子どもに対して暴力を振るう可能性もゼロではありません。

夫に暴力を振るっていたなら今後子どもに暴力を振るう可能性がある、ということを主張できるのです。

子どもの親権を持つために有利になる行動というのはどのようなものがあるのでしょうか。

具体的な行動例としては子どもが幼いのでればオムツ替え、買い物、離乳食を食べさせるといった行動をしていたかどうかです。

さらにある程度大きくなってからも授業参観に参加をしていたり、地域行事に参加するなど父親としてしておかなければならないことをしていたのであれば、親権が父親に渡ることもあります。

つまり、母親よりも時間を割いて、しっかりと子育てをしていたのかどうか、ということが最も重要になるわけです。

父親が親権を取ったのであれば、もちろん母親に養育費を請求することが可能になります。

浮気をした妻との離婚においては慰謝料だけではなく子どもの親権の問題など非常に多くの問題が起こります。

不安なことなどが多くどうすれば良いのかわからない場合には、まずは探偵事務所などに相談をしてみるようにしましょう。

探偵事務所などであればしっかりと相談を受け付けてくれますし、力になってくれるはずです。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す