15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

夫の許せない言葉って?ひどい行動や借金から離婚できる?

許せない言葉を言われた

夫から許せない言葉を浴びせられてしまった…。

そのような場合には離婚を考える人もいると思います。

そして、こういったひどい言葉をかけらた時には夫との会話を録音しておくようにしましょう。

離婚をすることを決意したのであれば、このような録音した内容というのは極めて有力な証拠になります。

ただし、喧嘩をしている時や言葉を浴びせられた時にスマホの画面を操作したり、録音をするというのは夫の神経を逆なでしてしまう可能性があります。

さらにポケットのレコーダーを忍ばせておいたとしても、絶対に見つからない保証はありません。

1番良いのは夫が立ち入ることがない場所にレコーダーをセットしておくことです。

キッチンやリビングに飾っている花瓶の中に隠しておくなど隠す場所は色々とあります。

言葉の暴力を振るってくる相手に対しては、証拠集めのために行動をしっかりと観察するようにしましょう。

夫の許せない行動には証拠集めが大切

夫の暴力
夫の許せない行動に対しては、証拠集めを徹底的に行うようにしましょう。

DVなどを受けている場合に、誰かに相談をしたとしても信じてもらえないことも多いです。

DV夫というのは見た目からするとDVをするようには思えないことが多いのです。

会社の同僚であったり友人に対しては非常に良い夫として振る舞うのですが、2人になると暴力的になったり、性格が豹変してしまうのです。

そのため、周囲の人に相談すること自体がまず無意味であることが少なくありません。

そういった理由から1人で悩みを抱え込んでしまう方も多いのです。

 

そこで、まずはDV夫と離婚をするためにも証拠を集めることが欠かせないのです。

証拠がなければDVを受けていることを証明できないのです。

絶対に離婚をすると決めたのであれば、証拠集めに全ての時間を費やしてください。

さらに証拠だけでなく日々の日記も重要な証拠になります。

そのため、細かい部分まで徹底的に日記に書き記しておくようにしてください。

夫の許せない借金癖

借金癖
何度言っても借金をしている夫というのは多いものです。

夫の借金を理由に離婚をしたいと思う女性は多いものです。

夫の借金を理由にする場合、実は婚姻を継続しがたい重大な自由には該当しません。

借金をしているだけでなく、借金によって夫婦生活が破綻した場合にのみ有効なのです。

そのため、夫が借金をかかえて自己破産をしてもそれで離婚できるわけではないのです。

ただし、何度も妻が借金を止めるように言っているにも関わらず何度も何度も浪費して、結果毎日のように激しい取り立てに遭って生活をおくることができない場合には離婚事由となります。

夫の許せない発言や行動に対して

許せない発言や行動
夫から絶対に許すことができない発言をされたり、暴力を振るわれた場合にはすぐに離婚できると思いがちです。

しかし、その発言や暴力、借金など離婚をしたいと思った原因となったものを証明できなければ意味がありません。

証明をすることができなければ結局は訴えた妻の狂言である可能性もあるからです。

涙を流しながら必死で訴えても、証明できないことには離婚が認められないことが少なくありません。

そういった理由からも、本気で離婚をしたいと思っているのであれば、発言や行動、借金の実情について証明できる証拠を揃えておかなければなりません。

証拠を揃えておくことができれば、どうして離婚をしたいのか、ということを明確に伝えることができます。

あることないことを作り話にする人がいる以上、被害者の妻と加害者の夫の意見をより的確に汲み取るうえで、証拠というのは欠かせないのです。

この証拠集めをするために探偵の力が必要なのであれば、ある程度の費用をかけてでも探偵に調査を依頼するというのがやはりおすすめです。

探偵に依頼をすれば誰にも知られずにしっかりと明確な証拠となる情報を集めてもらうことができるはずですよ。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す