15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の慰謝料を弁護士に相談!弁護士費用は?慰謝料分割を要求されたら?

慰謝料を弁護士に相談
浮気の慰謝料を相手に請求する時には自分一人では問題を解決することができない、ということもあると思います。

では、この浮気の慰謝料について弁護士に相談する時にはどうすれば良いのでしょうか。

弁護士の仕事というのは浮気の慰謝料請求だけでなく、様々なトラブルに対して法律を基準として解決に導いてくれます。

弁護士は依頼主を有利な状態に解決できるように導くと言われています。

収集した情報、証拠品といったものを法律を元に照らし合わせてから、相手が依頼主をどのように裏切ったのか、依頼主がどのくらい傷ついたのか、ということを立証して協議離婚、もしくは示談をできるだけ依頼主のペースで進めていきます。

当事者同士としては感情的になってしまいますし、法律について無知な状態であることも多いです。

そのような状態において少しでも冷静に話し合いを進めていけるようにしなければなりません。

浮気の慰謝料と弁護士費用

慰謝料と弁護士費用
請求額が高額になると弁護士費用も高額になります。

 

請求額が仮に500万円だったとしても、判決になるとその請求額から数十万円低くなることが多いです。

弁護士費用の報酬というのは、この得ることができた金額に対して計算されています。

つまり、判決における金額が低くなればその分低くなります。

そして着手金は請求額によって計算されることになります。

請求額が500万円であれば着手金は高額になりますが、得ることができた金額が少なければ依頼主が支払う費用と得られる金額との差が大きくなってしまいます。

基本的には慰謝料請求において、最初は高額に請求しますが、最初から低い金額で請求することはありません。

簡単に着手金だけで言うことはできないのです。

浮気の慰謝料の支払いで分割をお願いされたら

慰謝料の支払いを分割で
慰謝料の請求した場合には、一括で支払うというのが基本になります。

決められた慰謝料を現金で支払いますが、200万円以下の慰謝料であれば一括での支払いになることが多いです。

では、分割払いで支払う方法というのはどのようなものなのでしょうか。

400万円以上の高額な慰謝料になると、分割払いとなることが非常に多いです。

回数の相場というのは2回から3回というのは基本にはなるのですが、分割払いの場合には支払い義務のある人が支払いを拒むこともあります。

そのため、しっかりと最後まで分割払いをしてもらえるように、金額に関しては公正証書にしておくというのが重要になります。

公正証書にしておくことができれば、相手が支払いをしない場合には相手の財産を差し押さえるといった強制執行をすることができるようになります。

浮気の慰謝料で相手が払わない時には

慰謝料払ってくれない
慰謝料請求において相手が応じないことがあります。

その支払いに応じない時に、相手は弁護士を立ててくることがあります。

そういったことをしっかりと想定して、慰謝料請求を行う事が重要になります。

相手が応じないからといって諦める必要はもちろんありません。

そして弁護士を立ててきたからといって動揺しないようにしましょう。

一度でも弱気な態度を見せてしまったり、相手の主張に応じてしてしまった場合には相手にペースを握られてしまうことがありますので、弱気な態度をとらないことが重要になります。

相手がもしも弁護士を立ててきた場合には、こちらも弁護士を立てるようにしましょう。

慰謝料を請求しているというのは決して間違っていることではありませんし、こちらに落ち度は一切ありません。

にも関わらず相手が間違ったことを言っているのですから、自分の正当性をしっかりと主張し、司法に判断を委ねるというのが良いでしょう。

間違っても相手からの要求に屈してしまうことがないようにしてください。

浮気を平気でしてしまうような相手ですので、話し合いや慰謝料の請求において素直に応じないということは当然ある、ということをよく覚えておくようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す