15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の兆候は?浮気の影響が会社に出る?

浮気 兆候

浮気をする男というのは外泊時に行っているものです。

外泊時といえば仕事における出張などになります。

このような仕事中の浮気というのはしっかりと観察をしていればその兆候に気付くことができますし、浮気の情報を引き出すことができるものです。

そのため、妻は上手にその情報を引き出す、ということを心がけるようにしましょう。

「仕事が忙しくてなかなか家に帰ることができない…」

そのようなこともよくあるのですが、忙しくて会社に泊まっていたり、出張が急に増えた…

そのようなことが何日も続いているような場合にはどこかで誰かと外泊をしたのではないかという不信感を抱いてしまうこともあります。

このような時にはどう対処するべきなのでしょうか。

そのような場合には、まずは携帯電話のアドレス、着信履歴といったものをチェックすれば良い、と思われるかもしれませんが、それは得策ではありません。

夫婦間においてもプライバシーというものは当然ありますし、携帯電話を勝手にチェックする、というような行為は決してあってはならないのです。

そのような行為によってお互いの間に信頼関係がなくなると、夫婦間における隠し事はどんどん増えてしまい、相手への不満というのはさらに増えてしまうようになります。

問題の解決をするためには、違うアプローチをしなければなりません。

 

例えば、自分も外泊をしてみる、ということです。

何度も外泊をしているにも関わらず全く興味が無かったり、逆に異常なほど怒るような場合には浮気をしている可能性があります。

なかなか浮気を確信することができない場合には、一度探偵に調査を依頼するというのも良いでしょう。

浮気を確信したら?浮気における過失とはなに?

浮気 確信
浮気をされた場合には浮気相手に対して責任を追求すべきです。

浮気における故意・過失が認められるケースというのはどのようなものがあるのでしょうか。

この故意というのは悪いことであるということを知っていながら悪いことをしている場合です。

つまり、簡単に言えばわざと行ったということです。

不貞行為における故意というのは、結婚という事実を知りながらあえて肉体関係を持ったことを指します。

そして過失というのは注意を怠ったことで相手が結婚をしているにも関わらず肉体関係を持ってしまった、という状態になります。

また、結婚していることは知っていたとしても、婚姻関係が破綻していると思い込んでいた場合を指します。

 

では故意・過失が認められないのはどのような場合なのでしょうか。

故意・過失の判断基準としては、浮気相手が婚姻関係についてどの程度理解していたのか、ということです。

出会い系サイトなどでお互いのことを知らない状態で肉体関係を持ったのであれば、相手のことを知るよしもありませんので故意・過失は認められないことが多いです。

故意・過失が認められるのであれば浮気相手に対しても慰謝料の請求を行うことができます。

浮気によって会社を解雇されてしまうこともあるの?

浮気 影響 会社
浮気というのは法律的なリスクはもちろんですが、社会生活におけるリスクも当然あります。

場合によっては会社を解雇されるような大きな問題に発展してしまうこともあります。

基本的には会社の規則とは関係のないプライベートな部分での行動になりますので解雇の対象にはならないものです。

しかし、プライベートな行為においても解雇の対象となると定めている会社も少なくないのです。

さらに職場での浮気が原因となって解雇を求められることも少なくないのです。

従業員の私生活においての行動というのも、社会人としての適合性を判断する1つの判断基準となることは間違いありません。

そして解雇されるのは事情によって異なります。

女性が退職を進められることが多いのですが、男性が退職をしなければならなくなることもあります。

 

職場で過ごしている時間というのは1日の大部分を占めていますので、不倫が始まるきっかけも職場であることが多いです。

そういったことからも、やはり仕事関係者との浮気というのは解雇の原因となってしまう可能性があるということを覚えておく必要があります。

夫に浮気を問いただし、有利に責めるうえで職場にその事実を話す、ということも1つの武器となることは間違いありません。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す