15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気は第三者を巻き込んだらダメ?慰謝料と時効

浮気は第三者を巻き込んだらダメ

浮気というのは色々な人を巻き込んでしまうものです。

なによりも自分が一番の被害者ですよね。

では、このパートナーの浮気相手に対して何かしら制裁を加えたいと思うかもしれません。

例えば相手に対して退職を強要するなどです。

しかし、このような退職を強要するというのは良くありません。

浮気相手に対して退職を強要するようなことがあると、損害賠償請求をされてしまう可能性があるからです。

もちろん、浮気相手がパートナーと同じ職場であるような場合には、そのまま同じ職場で働いているなんて我慢ならないものでしょう。

 

また、退職を求めることはもちろん、浮気相手の両親に対して慰謝料を請求するのはいけません。

慰謝料というのは浮気相手が支払う義務のあるものです。

基本的に、両親に慰謝料の請求をしても、浮気相手の両親が支払いをする必要はありません。

しかし、任意に支払いをしてくれるのであれば、その場合にはもちろん支払いに応じるのは問題ありません。

浮気の第三者に慰謝料を求めて良い?

浮気の第三者に慰謝料を求めて良い

離婚原因を作った第三者に対しての損害賠償請求というのはよく行われています。

配偶者によって婚姻関係を破壊された場合には、配偶者に損害賠償請求をすることはもちろん可能です。

そのときの夫婦関係の状況、第三者の行為の状態など色々なことから判断されます。

また、精神的な苦痛を味わい、それが原因となって離婚までしなければならなくなった場合には浮気相手に対して責任を負ってもらわなければなりません。

配偶者が浮気をしているのであれば配偶者だけでなく浮気相手に対して精神的苦痛の慰謝料を請求しましょう。

 

慰謝料の金額というのは事情、損害の内容などが考慮され、そのうえで決定されます。

つまり、一般的な基準の金額というものがありません。

和解の場合においても同じて、100万円から200万円を支払う、ということで解決することが多いようです。

最高裁判所においては、不貞の相手方は夫、もしくは妻の権利を侵害するものであり、不貞行為がどんな場合においても慰謝料請求をしなければならないとしています。

浮気の第三者にはどの程度支払い責任があるの?

浮気の第三者にはどの程度支払い責任があるの

慰謝料請求というのは必ずしも妻や夫が浮気相手に対して行うものではありません。

子供から愛人に対して慰謝料請求を行うこともあります。

夫婦の愛情というのは浮気相手の存在が原因となることは多いです。

しかし、親子の亀裂というのは浮気相手の存在が直接的に関係するとは限りません。

そのため、子供からの慰謝料請求というのは、浮気相手に支払い責任はないと考えられています。

しかし、何かしらの特別な事情があれば、子供への慰謝料の支払い責任が生じることもあります。

浮気の慰謝料って?和解で解決することもあるの?

浮気の慰謝料

浮気の慰謝料というのは裁判をせずに和解をしようと相手に求められることもあります。

浮気をしたということに間違いないのであれば、法廷においては浮気相手にとって恥ずかしい事実が顕になることもあります。

それでは慰謝料を支払わなければならない、という事実よりも、精神的な負担が大きくなってしまいます。

これは浮気をされた側にとっても同じで、自分のパートナーと浮気相手との赤裸々な情事が裁判において顕になるのはなんとか避けたい、ということもあります。

その場合には損害賠償額に多少は影響します。

お金よりも精神的な負担、世間体といったものを重視するのであれば当然のことですよね。

浮気の慰謝料に時効はあるの?

浮気の時効

損害賠償請求をすることになった場合、時効というのはあるのでしょうか。

不貞行為というのは損害賠償請求権により賠償金の支払いを命じることができますが、時効があります。

加害者のことを知った時点から3年間になりますので、3年を超えると時効になりますので損害賠償を請求することはできなくなってしまいます。

損害賠償請求権が消滅してしまわないようにするためにも、損害賠償請求をするのであれば少しでも早い段階で請求を開始するようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す