15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気を同性としたら?男同士でも浮気になるの?

男同士の浮気

不貞行為の相手が同性の場合というのは、慰謝料の請求はどのようになるのでしょうか。

夫の浮気相手が男だった、というのは珍しいことではあるのですが、このようなパターンの慰謝料請求というのは非常に多くなっているといわれています。

そもそも不貞行為というのは意思をもって配偶者以外の人間と肉体関係を持つ、ということです。

この不貞行為というのは男性と女性の間での性交渉になります。

同性愛における不貞行為というのは法律はありませんので、不貞行為とみなされることは非常に少ないといえます。

しかし、特別な理由がある時には離婚請求は可能になるとされています。

異性間の肉体関係ではなくても第三者と同じような関係を持つことが婚姻共同生活を維持できない状態にしてしまうのであれば、同性間での肉体関係もまた不貞行為であると判断されることはあるのです。

浮気は男同士でもダメなものはダメ!

浮気は男同士でもダメ
浮気は男同士でもダメなものはダメです。

不貞行為は先程も申し上げたように男女間における性交渉です。

それなら男同士の肉体関係は浮気にならないのではないかと思われるでしょう。

しかし、その男同士での肉体関係によって婚姻関係が崩壊したのであれば、それは訴えられてしまい慰謝料を請求されても仕方がないのです。

ただし、この場合の慰謝料は離婚請求になります。

法律上の不倫、不貞行為というものには該当しませんが、婚姻を継続できない事由には該当しますので離婚原因としては認められます。

立証をすることができれば、離婚請求や慰謝料請求も可能になります。

これは異性同士での普通の浮気でもそうなのですが、自白や現場を押さえる事ができれば請求をすることは可能なのです。

浮気で肉体関係にならなければ良い?

肉体関係のない浮気
浮気について妻が夫を問い詰めた場合、肉体関係がないことをアピールすることもあります。

 

食事だけ、メールだけ、といったように主張をすることもあります。

さらに、夫自身に浮気をしているという意識がなければ、どうして妻が浮気だと騒ぎ立てるのかも理解できないかもしれません。

この浮気は、配偶者以外との異性との肉体関係がある場合のことをいいます。

つまり、肉体関係がないのであれば不貞ではないのです。

 

肉体関係がなくメールや会うだけの場合には不貞行為ではないので、妻はなにもできないのでしょうか。

これは法的にはなにもできません。

しかし夫婦間でなにからが浮気なのかという取り決めをしているのであれば、その取り決めに違反していれば問題です。

あくまでも夫婦間での話し合いや解決に委ねるということになります。

浮気を別居後にしていたら?

浮気を別居後にしたら
別居をしてから夫が女性と関係があった、ということが分かった場合にはそれは不貞行為になるのでしょうか。

別居というのはすでに婚姻関係が破綻をしている状態になりますので、破綻後の不倫関係というのは配偶者や不倫相手も慰謝料を支払う必要はありません。

婚姻関係が破綻しているのであれば、浮気をしていても問題ではないわけです。

しかし、本当に婚姻関係が破綻していたのか、実は別居前から関係があったのではないか、ということが重要なポイントになります。

別居後からの付き合いであることが明確になれば話しは簡単です。

しかし、元々知り合いであり、別居後に肉体関係になったのであれば、話しが非常に複雑になってしまいます。

また、別居はしていたとしても、それが離婚をすでに目の前にしての別居であれば問題ありません。

しかし、単身赴任などの場合にはそれは別居ではありません。

その場合には別居後の浮気でも、浮気であると判断されることが多いようです。

このように、浮気というのはその状況、相手が誰なのか、離婚前なのか後なのかなどによって慰謝料の請求ができるかどうかは変わってきますので、よく覚えておくようにしてください。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す