15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

夫の浮気で慰謝料を請求したい!相場はどのくらい?

慰謝料 相場

夫の浮気が原因となって離婚をする!

という場合には慰謝料を請求したいと思うものです。

この慰謝料を請求することができる行為というのは、次のようなものがあります。

浮気や不倫をした場合にはもちろん、DVやセックスレス、同居拒否などが挙げられます。

ではこのような慰謝料を支払ってもらうのであれば、相場はどの程度になるのでしょうか。

不当行為の内容によって慰謝料というのは異なるのですが、100万円から300万円が相場になると考えて良いでしょう。

浮気によって受けた精神的なショックに相応した保証を受けることができるようにしなければなりません。

浮気による慰謝料はどんな時に請求できるの?

慰謝料 請求
離婚によって相手に慰謝料を請求できる事案として最も多いのはやはり不倫や浮気です。

ただし、一度の肉体関係や、風俗に行った程度の場合には慰謝料の請求は困難になることが多いですし、請求できたとしても金額は極めて低くなることもあるのです。

継続的に肉体関係を持っている場合にはやはり慰謝料もある程度の額を支払ってもらえる可能性が高くなります。

夫の浮気での慰謝料相場は大体どのくらい?

浮気 慰謝料 相場
離婚時の慰謝料の金額というのは100万円から300万円が相場だと先ほど申し上げました。

しかし、慰謝料というのは必ずしも一定の金額とは決まっていません。

結論から言うと話し合いの結果によって金額というのは自由に決定することができる、ということなのです。

不倫をしたような場合、5000万円、1億円を支払ってもらうことももちろん可能なわけです。

しかし、判例というものがありますので、その判例を基本として慰謝料は決められていきます。

 

また、婚姻期間も慰謝料の金額に影響していきます。

婚姻期間が長ければそれだけ浮気などの行為を受けた場合の苦痛というのは非常に大きくなります。

そうなれば当然慰謝料は高額になると言われています。

 

相手の年収も関係してきます。

年収が高ければ高い方が慰謝料の額も高額になる傾向にあります。

そうなれば職業も関係してきます。

収入が高い職業であれば慰謝料での支払額は高額になるのです。

浮気による慰謝料が減額される場合

慰謝料 減額
慰謝料の支払いを要求した場合に、本来受け取ることができるはずの金額から減額されることもあります。

この浮気による慰謝料が減額されるのはどのような場合なのでしょうか。

まず、相場よりも明らかに桁違いの金額を請求した場合です。

基本的に500万円以上の請求をした場合には相場を超える要求になりますので、慰謝料の減額を要求することが可能になり、受け取ることができる慰謝料の額が低くなってしまう可能性があります。

さらに、自分は浮気をする気が無かったのに、何度もしつこく誘われたので仕方なく関係を持ってしまった。

そのような場合には慰謝料の減額をされてしまうこともあります。

もちろん慰謝料を支払うだけの収入、資産が少ない場合にも減額が可能です。

収入が著しく少なく、資産がほとんどない、という場合には減額を要求してくることもあります。

もちろん収入が少なかったり、資産がない場合でも一切慰謝料を支払わなくて良い、というわけではありません。

そして浮気をした事に対して、深く反省をしていて真摯に謝罪をしてきた場合には減額をすることもあります。

心から浮気をしたことを後悔し、謝罪をしてきたからといって完全に許すことはできないでしょう。

しかし、慰謝料の減額に応じてあげたい、という気持ちになることもあるでしょう。

 

このように浮気の慰謝料というのは様々なことによって金額が上下しますので、しっかりと覚えておくようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す