15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の慰謝料の計算って?損害賠償請求権って?

浮気の慰謝料の計算

夫が浮気をした場合にはやはり浮気相手に対してしっかりと慰謝料を請求したいものです。

では、慰謝料というのは相手に対してどのくらい請求できるものなのでしょうか。

一般的には配偶者の浮気が発覚した場合には、慰謝料が発生することになります。

この場合、浮気をされた側というのは、配偶者と不倫相手に請求することができるのですが、相場額というのはその事案によって違いがあります。

しかし、基本的な相場は200万円から300万円程度となると言われています。

上記の金額をベースにして条件などが考慮されることで金額が増減するようになります。

 

諸条件にも色々あるのですが代表的なものが次のようなものになります。

浮気をする前に夫婦関係は上手くいっていたのか、上手くいっていなかったのか。

浮気相手が妊娠をしたかしなかったか。

夫が自分から積極的に浮気をしたのか。

夫婦としてどの程度の期間を過ごしたのか。

このようなポイントを総合的な部分から判断して金額というのは変わっていきます。

ただし浮気の慰謝料請求額には注意点があります。

この金額は2人合わせての金額になります。

つまり、浮気の当事者の片方が慰謝料の全てを負担して支払った場合には、もう片方に支払いの義務はないのです。

また、慰謝料請求をする前に、慰謝料の相場を超えている金額を浮気相手から受け取っているような場合には、慰謝料を請求するというのは困難になります。

損害賠償請求権と浮気

損害賠償請求権と浮気
浮気夫と離婚をしないのであれば請求権についてしっかりと知る必要があります。

 

浮気をされてもそのまま婚姻関係を続ける場合には、配偶者と家計が1つですので夫に対して慰謝料を請求しても意味がないのです。

そのため、浮気相手に対して慰謝料を請求するのが一般的だといわれています。

やはり慰謝料を請求して、そのお金が自分も関係している家計から出されているというのは腹立たしいものですよね。

 

そこで求償権というものが適用されるようになりました。

求償権というのは請求をされる額に対し、加害者2人のうちの1人が自分が負担をするべき金額を超えた支払いをした場合には、もう1人の加害者に負担額を要求することができるのです。

浮気の証拠で慰謝料が決まる!

浮気の証拠で慰謝料が決まる
不貞行為の証拠というのは浮気の慰謝料における決定的なものになる場合があります。

探偵事務所に配偶者の浮気調査を依頼した場合には、離婚を見据えた戦略を立てている人も少なくはありません。

そのことを予め伝えておくことで調査を行ってくれるので非常に頼りになるのです。

浮気調査においては不貞行為の証拠を押さえる、ということを最大の目標としています。

任務のためにプロの経験、機材といったものを使用してより確実に浮気の証拠を押さえようとしてくれます。

調査が複雑化してしまったり、特殊な調査が必要になると費用が高くなりますが、それでも調査を依頼する価値はあります。

そして確実な証拠を入手することができれば、その証拠を武器に慰謝料請求を行うようにしましょう。

浮気慰謝料は基本的に300万円前後になりますが、状況次第では慰謝料がさらに高額になることもあります。

浮気慰謝料は離婚しない時でも払ってもらえる?

浮気慰謝料は離婚しない時でも払ってもらえる?
離婚をしないのであれば最初から1人分の慰謝料を請求するようにしましょう。

浮気相手が慰謝料の支払いを終わらせてから求償権を請求してもその権利が認められることはあまりありません。

浮気をした夫とは離婚せずに慰謝料の請求をするのであれば、1人分の金額を請求するようにしましょう。

そして浮気相手に対して求償権を行使しないよう約束させるようにしてください。

そうすれば離婚しない場合でも慰謝料を浮気相手から受け取ることができますよ。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す