15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の基準は人によって違う!どんなものが浮気の証拠になるの?

浮気の基準

浮気というのは多くの男性、女性が行っているもので、夫婦やカップルにとっては決して他人事ではありません。

浮気の基準というのは男性、女性によって異なりますし、さらに年齢などによっても異なります。

なにより、個人によって浮気の基準は異なるものです。

では、浮気の基準というのはどこからどこまでなのでしょうか。

浮気になるのはどこから?そして浮気はどこまで?

浮気はどこから

浮気はどこからどこまでが浮気なのか、という疑問を持たれる方も多いのですが、このような疑問を持たれるのは女性が多いようです。

大好きなパートナーが自分以外の女性と2人で食事をしているなんて許せない!

ましてやキスなんて持ってのほか!

しかし、中にはキスまでなら別に良い!

食事なんて全く問題なし!

という方もいるようです。

では浮気の基準というのはどこなのでしょうか。

浮気されることによって非常に不愉快な気持ちになることは間違いありませんので、浮気の定義についてしっかりと考えてみるようにしましょう。

浮気というのは、恋人という立場にある異性と交際をしていながら、勝手にその他の女性と不貞行為を行う、ということです。

この不貞行為というのは、肉体関係を指します。

ただし、他の異性と食事をすることによって浮気であると判断されることもあるのです。

この場合の食事なのですが、2つの種類の食事があります。

1つは仕事や友人としての食事です。

そしてもう1つは、その異性のために高いレストランなどを予約して、夕食をともにする、ということです。

このような場合には浮気をしたと判断されても仕方がないのです。

浮気の基準というのはいくつかあるのですが、意外にも肉体関係だけでなく食事も浮気と判断されることもあるのです。

では、浮気をした!という確信がある場合に、そのことを証明できる証拠というのはどのようなものがあるのでしょうか。

浮気の証拠となるものにはどんなものがあるの?

浮気の証拠
浮気が発覚して相手を問いただす、もしくは慰謝料を請求したい。

そのような場合には浮気の証拠となるものが必要になります。

慰謝料の請求というのは裁判でなくても行うことは可能ですが、証拠がなければ相手がなかなか応じてくれない、ということも多いです。

また、裁判になった場合には証拠がなければ事実を証明することができないので、相手が浮気自体を否定した時には不利な立場になってしまうこともあるのです。

そういったことからも、証拠集めはしっかりと行い、決定的な証拠というものが必要になるのです。

では、裁判において使用することができる浮気の証拠というのはどのようなものがあるのでしょうか。

まず携帯電話やパソコンメールの履歴というものは有力ですが、これだけでは決定的な証拠とはいえないのです。

というのも、裁判においては不貞行為があったということを証明しなければならないからです。

慰謝料を請求できるのは肉体関係があった場合でなければ難しいといわれています。

つまり、肉体関係があった、ということを指しているのでそのような行為があれば証明をする必要があるわけです。

とはいっても、不貞行為そのものを録画するようなことはまず不可能ですが、ラブホテルに入る瞬間や、2人で旅行をしている時の写真などを集めることが重要なのです。

また、浮気相手の自宅に通いつめているような場合に、一定期間にわたって継続して浮気をしていた、ということを証明することができます。

また、裁判を起こす時には、被告人の住所等も知っておく必要があります。

住所等を調べるというのはなかなか難しいものですので、そのような場合には調査のプロ、つまり探偵に依頼をするというのも良いかもしれません。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す