15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気で妊娠?まずは妊娠の証拠を出してもらう!

浮気で妊娠

旦那が浮気をしていて、その浮気相手を妊娠させてしまった…。

では、その旦那が浮気をして、相手を妊娠させてしまったというのは事実なのでしょうか。

実は、これは詐欺や脅迫である可能性もあるのです。

旦那の浮気相手が妊娠となると、もちろんお腹の子供の成長は止めることができません。

その結果、浮気の事実を知ると同時に妊娠という強烈なショックを受けることになってしまいます。

冷静な判断をすることができなくなることもありますが、それは本当に事実なのかどうかをチェックしなければなりません。

実は、この妊娠をしていないのに相手を脅迫するために妊娠をしたフリをする手口というのは昔からあるのです。

そしてこの妊娠を理由に旦那との離婚を提案してくるような場合にはかなりの確信犯である可能性が高いです。

このような場合にはとにかく一旦落ち着いてから対処をするようにしましょう。

現状がどのようになっているのかを整理するようにしましょう。

浮気の証拠と妊娠の証拠を明確に

妊娠の証拠
場合によっては浮気相手がパートナーから慰謝料、中絶費用といったものを取るための詐欺である可能性もゼロではありません。

そのため、まずは妊娠が本当なのかどうかを先に調べるようにしなければなりません。

浮気相手がかかっている産婦人科で受け取った診断書などをしっかりと目で確認するようにしましょう。

陽性の反応が出ている妊娠検査薬の写真を見せてくることもあるかもしれませんが、そんなものはインターネット上で簡単に入手することができます。

そして仮に妊娠していることが事実なのであれば、本当に旦那の子供なのかどうかを確認しなければなりません。

簡単には調べることができないかもしれませんが、その場合には探偵に依頼をするなどしてでもしてしっかりと調べるようにしましょう。

少々お金はかかってしまいますが試してみる価値はあるでしょう。

浮気による浮気相手の妊娠と夫の意志

浮気相手の妊娠
仮に浮気による妊娠が、離婚をしたいからあえて浮気相手に妊娠をさせたとします。

それは非常に大きな罪です。

そしてその場合には夫と浮気相手が非常に不利な状況になります。

夫が浮気相手と結婚をしたいがために妊娠をさせた場合には、離婚の原因を作った人から離婚請求をすることはできませんので全面的に浮気をされた側の意見が通ると考えて良いでしょう。

慰謝料、財産分与、養育費など様々な請求において有利になります。

浮気をした夫が離婚を拒否した場合

離婚を拒否
夫が離婚を選ばない場合、相手から認知請求があるのであれば、その請求を受けるかどうかは夫が決めることになります。

認知をすると生まれた子供に対して養育費を支払わなければならなくなります。

そして生まないことを選択した場合には中絶費用、精神的慰謝料を請求されても支払う責任はありません。

さらに妻としては浮気相手の女性に対して慰謝料の請求をすることが可能になりますので、かならず請求するようにしましょう。

 

このように、夫の浮気相手の女性が妊娠をしたのかどうか、というのは明確にしておかなければなりません。

妊娠が本当なのか嘘なのかによって、その後どれくらいお金を支払わなければならないのかが大きく変わってきます。

妊娠の問題を先に解決するのか、浮気そのものを追求すべきなのかが違ってきますよね。

妊娠が事実無根であったのであれば、その場合には一刻も早く夫に浮気の追求を行い、今後の夫婦生活について考える必要があります。

妊娠というものをネタにした詐欺や脅迫というのは非常に多いですので、そのリスクをある程度考えておくようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す