15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の立証は?浮気の和解や和解金について教えて

浮気の立証

浮気というのは立証することがなかなか難しいと言われています。

この浮気を立証するには証拠というものが必要不可欠なのですが、浮気を立証する証拠というのはどのようなものが必要なのでしょうか。

この浮気の証拠というのは、不貞の行為があった、ということを証明することができる証拠のことを言います。

浮気においては不貞の行為があったのかどうかが最大の争点になるのです。

裁判所の判断において不貞行為があったことを認めさせなければ判決が下されないこともあります。

こういったことからも証拠の内容というのは非常に重要になるのです。

 

また示談などを要求された場合には、不貞行為の有無というのはさらに重要になります。

相手が不貞を一切認めないケースというのは非常に多いのです。

探偵に浮気調査を依頼する方の大半は不貞行為を立証するための証拠を欲しいと思っているのですが、どこまで証拠をとれば良いのかわからないこともあります。

この場合の不貞行為の証明について簡単に解説してみます。

まず不貞行為の証拠というのは複数回あった方が良いのか、といえば1回でも証拠として十分となることもあります。

裁判所というのはたった1回でもホテルに入る瞬間を撮影した写真があっても不貞行為を認める傾向にあります。

1回のホテルに入る瞬間を撮影することができ、それプラス一緒に手をつないでいる瞬間などを証拠として準備できればその証拠能力は極めて高くなります。

もちろん証拠の数は多ければ多い方が良いのですが、たった1回の不貞行為を想像させる証拠でも効力はあるのです。

浮気における和解とは

浮気の和解
浮気をされた場合、慰謝料、示談、和解のどれかによって解決することが大半です。

慰謝料は不貞行為によって受けた精神的な苦痛に対して行われる損害賠償になります。

そして示談は当事者間の合意において解決をすることです。

和解は法的な争いの最中である両者が譲歩をしあうことで争いを止めることを約束する契約になります。

慰謝料と和解金というのは裁判を通して発生する金銭です。

示談金は裁判を通さずに発生する金銭になります。

これらをどのように使い分けるのか、ということですが、これは浮気の程度によって使い分けていきます。

浮気の回数、期間、過程、そして浮気の後の態度なども重要な要素になります。

浮気の程度が重度なのであれば、当然夫婦間の溝も深いものになります。

その結果話し合いによって解決することは不可能となることもありますので、その場合には慰謝料を請求するのです。

では和解金というのはどのような場合に使用されるのでしょうか。

浮気による和解金

浮気による和解金
裁判において具体的に判決が下される前に和解をするために支払われるのが和解金になります。

一方だけに責任があるのではなく両者に責任がある場合などにお金を支払うのがこの和解金になります。

裁判が始まるよりも前に支払われる場合には示談金と呼ばれるのが一般的です。

ただし、双方に原因があるとしても、どちらか一方に著しく責任がある場合には、慰謝料の支払いが行われることもあります。

浮気の和解契約書と和解書

浮気の和解契約書と和解書
浮気の和解契約書、和解書というのは、話し合いによって解決してきたことを記録して、不倫問題が解決してから起きる可能性のある争いを防ぐことを目的として作成されます。

和解契約書、和解書などとタイトルをつけることもありますが、タイトルをつけることで重みが増しますのでつけるのが無難です。

タイトルによって法的な効果が変わるのかといえばそうでもありません。

このように浮気を追求し、解決するためには立証はもちろん、和解書の作成など色々としなければならないことがあります。

専門的なことがよくわからない場合には、専門家に相談をするというのも良いでしょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す