15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の境目ってなに?お茶やご飯も浮気になるの?

浮気の境目は?

浮気の境目というのは一体どこにあるのでしょうか。

最近私の旦那が浮気してしまって…大変なんです。

そのような言葉を耳にした場合にはどのような状況を思い浮かべるでしょうか。

2人で食事をしたり、遊びに行っただけでも浮気であると判断する方も多いでしょう。

しかし、それだけ浮気だと判断する人もいれば、判断しない人もまたいるのです。

浮気の境界線というものは個人によって全く異なる、ということになります。

束縛の激しい女性であれば、少し異性と会話をしただけでもそれを浮気だと判断してしまうことがあるでしょう。

例え仕事だとしても、同僚の女性と2人で残業をしようものなら浮気だと発狂してしまう方もいるかもしれません。

ただし、多くの方は異性とキスをすると浮気だと判断されるようです。

しかし、このキスというのは明確に浮気だとは判断する材料にはなりません。

では、浮気の境界線についてもう少し深く考えてみましょう。

浮気はお茶?ご飯?どこからなの?

浮気の境目
浮気というのは法律において一定のラインが設けられています。

それは、不貞行為つまりは肉体関係を指すのです。

性交渉があるのか、それともないのかで浮気かどうかがはっきりと決まるのです。

お茶を飲んだり、ご飯を食べたりするというのは浮気にはならないのです。

しかし、浮気をされた側にとって最も重要なことは、肉体関係の有無はもちろんですが、肉体関係よりも心が問題です。

例えお茶やご飯であっても、相手に本気で思いを寄せているのであればそれはもう浮気です。

ある意味、その場だけの肉体関係よりもよっぽど辛い事実なのです。

それでも、法律上はこのお茶やご飯は浮気にはならないのです。

このような精神的な部分での浮気というのは明確に証明することはできません。

だからこそ、肉体関係があったのかどうかを明確にすることが重要なのです。

例えば、2人がホテルに入る瞬間を撮影する、というのは肉体関係を証明するうえで効果的です。

ホテルに男女が2人で入って、数時間過ごすのであれば肉体関係があったと判断することができます。

もちろん、ラブホテルであればまだしも、シティホテルであれば打ち合わせや仕事である可能性もあります。

そうなればどのくらいの頻度で食事をしているのか、携帯電話の通話記録、メールでの連絡頻度なども重要な浮気の判断材料になってきます。

仕事の打ち合わせであったと言い訳をしてきた場合、それまでの連絡頻度と照らし合わせてみましょう。

それまでに毎日のように電話で連絡をとっていたり、メールで明らかに浮気が疑われるような内容のやりとりをしていたとします。

その相手とホテルで数時間仕事の打ち合わせをしていた、というのは明らかに不自然です。

それとは逆に、メールや電話連絡での浮気の証拠を押さえていたとします。

メールや電話の通話記録などをチェックしていても、それだけでは浮気だと判断することはできないのです。

やはりどちらか片方だけではなく、メールや電話、そしてホテルに入る瞬間を押さえた写真というのは欠かせないものなのです。

この2つが揃って初めて浮気であるということを判断することができるのです。

ただし、ホテルに入る瞬間を写真に押さえるというのはそう簡単なことではありません。

そのような場合には、一度探偵や興信所に調査を依頼してみるのも良いかもしれません。

プロであれば、そのような写真を撮ることはもちろん可能です。

そしてプロだからこそ気付くことができる様々な証拠を集めてくれる、という可能性もあるんですよ。

なかなか大きなポイントとなる証拠を押さえることができていない…

そのような場合には、浮気調査のプロに調査を依頼してみてください。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す