15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の損害賠償って?慰謝料はどのくらい受け取れるの?

浮気 損害賠償

浮気をされてしまった、という場合にはやはりどうしても自分の気持ちを納得させるために仕返ししたくなります。

しかし、物理的な攻撃をしてしまっては意味がありません。

むしろ訴えられてしまうこともあるからです。

そこで、やはり重要なことは損害賠償を請求することです。

この浮気における損害賠償についてご紹介します。

浮気による慰謝料の相場

慰謝料 相場
慰謝料というのは浮気をされたことによって受けた苦痛に対しての損害賠償になります。

つまり、精神的な苦痛というのはそれぞれの人によって違いがあります。

誰もが同じように痛み、苦しみを感じているわけではないのです。

つまり、浮気による慰謝料の相場というものは存在しないのです。

また、浮気相手に請求することができる慰謝料の金額にも上限はありませんので、相手から受け取りたい慰謝料の金額を請求しても問題ないのですが、常識範囲内において請求をしなければ問題がこじれてしまうこともあります。

先ほど申し上げたように慰謝料に相場はありませんが、20万円から100万円、浮気によって離婚した場合には100万円から400万円程度の金額を請求する場合が多いようです。

この金額を1つの基準として、慰謝料の請求を行うのが良いでしょう。

この金額を請求した場合になかなか請求に応じないのであれば裁判を行うこともあります。

支払者がどの程度の財力、地位、浮気の期間といった点を総合的に判断をしてから慰謝料の金額というのは確定されていきます。

浮気による損害賠償請求の方法

損害賠償請求
浮気相手に対して損害賠償請求をする方法というのはどのようなものがあるのでしょうか。

浮気相手が不貞行為があったという事実を認め、慰謝料の支払いに応じるのであれば全く問題はありません。

相手が浮気について否定をして、慰謝料を拒絶する場合には交渉が難航する、ということがある程度予測できます。

さらに話がこじれている場合には法定で白黒つけることになりますので、慎重に話をすすめていくようにしましょう。

また、裁判で争う場合には弁護士を雇うようにしたり、より強力な証拠を集めるために探偵を利用するというのが良いでしょう。

慰謝料を請求したものの、取れた慰謝料よりも裁判にかかった費用の方が高額になってしまうことがありますので、その点もしっかりと踏まえておくようにしましょう。

 

浮気の事実を掴んで、慰謝料を請求することを決めたのであればまずは相手に示談交渉をするというのが一般的になります。

そこで証拠として価値のある内容証明郵便を使用して通知して相手がどのように行動を起こすのかを確認します。

ただし、ここで恐喝のような脅しの内容を記入してしまうと恐喝罪に当たる可能性もありますので十分に注意しなければなりません。

そのような場合には弁護士や行政書士に内容証明の作成やアドバイスを依頼するというのも良いかもしれません。

 

さらに示談交渉以外にも調停を利用して浮気相手と交渉をする、というのも良いでしょう。

浮気の損害賠償時効について


時効という言葉は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
時効という言葉を理解はしていても、その内容自体を理解している方は少なく無いと思います。

そこで、時効について考えてみましょう。

そもそも時効というのはどのようなものなのでしょうか。

時効と言うのは簡単にいえば慰謝料を請求することができる期間のことをいいます。

この期間を過ぎると時効が完成してしまうことになります。

慰謝料請求の時効というのは3年になります。

不貞行為に基づいたうえで慰謝料は種類分けされ、さらに時効もその慰謝料の種類によって変わっていきます。

不貞行為そのものから生じている精神的な苦痛に対しての慰謝料の場合には、不貞行為の事実を知った時点でカウントされます。

不貞行為によって婚姻関係が破綻したことによる精神的苦痛に対しての慰謝料の場合には、婚姻関係が破綻した時点からカウントされていきます。

不貞行為によって夫婦が離婚したことによる精神的な苦痛に対しての慰謝料の場合には、不貞行為によって夫婦が離婚をした時点からカウントされていきます。

 

では、時効が完成した場合には支払いをしてもらうことはできないのでしょうか。

時効が完成してしまうと慰謝料の支払いを受けることは困難になりますが、支払いを受けることができないかといえばそうではありません。

時効が完成していたとしても配偶者や浮気相手が慰謝料を支払う意志があるのであれば法的には問題はありません。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す