15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の証拠になるのはなに?携帯チェックに盗聴もあり?

浮気の証拠

まず、パートナーが浮気をしているのではないかと疑っているのであれば、まずはしなければならないことがあります。

それは少しでも早い段階で、本当のことを突き止める、ということです。

おそらく浮気をしている、そしてその確率は高い。

そのような段階になってもなかなかどうすれば良いのか決めかねている、という方も多いと思います。

そのような場合には、できるだけ早くより確実な証拠を集めることが重要です。

どうすれば良いのかと迷っている間にパートナーから別れを切りだされてしまう可能性だってあるのです。

その別れを切りだされた時に、パートナーに対して浮気の証拠をつきつけることができれば、離婚を回避することができる可能性が高くなるのです。

というのも、2人の関係を破綻させた責任のある人から離婚を請求することができないからんです。

だからこそ、浮気の証拠をしっかりと掴んでおくというのは非常に重要なポイントとなりますのでよく覚えておきましょう。

では、浮気の証拠というのはどのようなものがあるのでしょうか。

浮気の証拠といえば携帯電話

携帯電話
浮気をしている場合には、携帯電話からその浮気をしている事実が分かる、ということが多いようです。

相手と携帯を使用して連絡を取り合っている可能性が非常に高いですし、電話、さらにはラインといったものを使用して連絡を取り合っていることが大半だからです。

例えば、普段から携帯電話を肌身離さず持ち続けている、というのは浮気をしている人の特徴の1つです。

お風呂やトイレに携帯電話を持っていく、というような場合には、携帯に見られてはいけない情報が入っている、という可能性が高いといえます。

一緒にいる時に電話がかかってきた時に、その時には出ずに後からかけ直すことが多いのも怪しい行動の1つだといえます。

携帯電話を調べると浮気しているのかどうかはすぐに分かる、というのはよく言われていることですので、一度携帯電話をチェックしてみるのが良いでしょう。

とはいっても、浮気を疑っていて問い詰めるのであればすでに証拠を押さえている、ということが鉄則です。

そうでなければはぐらかされてしまうからです。

浮気について問い詰める前に浮気の証拠を携帯電話から手に入れたうえで、問い詰めてください。

ちなみに、いつもメールを消している、という場合にはほぼ浮気をしていると考えて良いでしょう。

浮気の証拠を盗聴で手に入れる!浮気の証拠ならボイスレコーダーがおすすめ!

ボイスレコーダー
浮気の証拠としてボイスレコーダーや盗聴器を使用するというのはおすすめです。

しかし、このボイスレコーダーや盗聴器使用する場合、盗聴になってしまうのではないかと思われる方も多いようです。

盗聴器をしかけるというのは犯罪になってしまうのでしょうか。

やはり、盗聴器をしかけてしまうと、犯罪になってしまいます。

ボイスレコーダーならまだしも、盗聴器というのは発信機をセットして、発信機からの電波をレシーバーで受け取る、というものです。

自宅に盗聴器をセットするのであれば良いのですが、浮気相手の自宅にセットするともなれば不法侵入になってしまいます。

電話の盗聴をした場合においては電気通信事業法において法を犯しているのです。

ただし、実際の裁判においては盗聴をした音声というのは非常に重要な証拠として使用されることもあります。

盗聴をしたことで罪に問われることもあるのですが、同時に強力な武器になることもまた事実なのです。

浮気の証拠はプロの探偵に集めてもらうべき!

探偵
肉体関係を否定され、さらに証明をすることができなかったとしても、濃密な交際をしている場合には浮気の証拠となります。

小さな証拠をつなぎあわせていくと、浮気をしていることは明白である。

ただし、1つひとつの証拠の力は小さい…。
そのような場合には、探偵や興信所にそのような証拠を持ち込んで、もう一度証拠を見なおしてみましょう。

1つひとつの証拠の力は小さくても、それらをつなぎあわせたり、探偵や興信所の調査結果をプラスすることで大きな武器になることはあるのです。

あともう少しで浮気の事実を明確にすることができる…。

そのような場合には、浮気の証拠をより大きな武器にしてもらうために探偵や興信所に浮気調査を依頼してみるのはどうでしょうか。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す