15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

転勤族だと妻は大変?別居を考える妻も多いって本当?

転勤族の妻

転勤をする時というのは、やはり夫1人の問題ではありません。

もちろん、転勤をすることで職場も変わるので大変なこともたくさんあるでしょう。

しかし、妻も同じように大変なのです。

とんでもなく大変です。

というのも、引越し準備から新居の片付け、さらにご近所付き合いなど色々とやらなければならないことだらけだからです。

さらに子供がいるとなれば転校の手続きなどやらなければならないことはさらに増えるのです。

そのため、転勤をする時には妻は別居をしたい、夫に単身赴任をしてもらいたいという妻も多いようです。

しかし、単身赴任というのはある意味独身に戻ったような気持ちになる夫も多いようです。

転勤族の妻は別居しやすい

転勤で妻と別居
単身赴任中の夫の浮気というのはやはり非常にリスクが高いものです。

単身赴任というのは寂しさだけではなく、不安というものがつきものです。

いつも、常に、24時間電話をしたりメールで浮気をしていないかどうかを確認するというのはまず不可能です。

それでも浮気をされるのだけは避けたい…そのような場合に工夫すべきことを考えておきましょう。

 

まず一日中メールや電話を何度も行って、監視するようなことがあってはなりません。

このように監視をしていると、気がついた時にはまるで夫の精神的負担の根源となっていた、なんてことを言われてしまう可能性があるのです。

本当に浮気をしていた時には、この妻のストーカーのような束縛があったために精神的苦痛を受け、浮気をしてしまった…。

そのように言われることがあるのです。

つまり、いつも束縛をするようなことをするのではなく、突然単身赴任先の家に会いに行ったり、突然電話をするなどしましょう。

毎日のように電話がかかってくるよりも、数日に一度ランダムに連絡が来たほうが男は怖いものです。

このように浮気を抑止していたにも関わらず浮気をされたのであれば、もう徹底的に先手必勝を心がけてください。

浮気が判明した時に、夫が「すでに妻との夫婦関係は破綻していた」なんて言い出す可能性がありますので、浮気をしていた証拠を揃えて、先手を掴めるようにしておきましょう。

しっかりと夫婦生活が成り立っていたという事を証明できるものを準備しておくというのも大切です。

生活費の入金を記帳したり、毎月会っていたことを証明できるようにしておきましょう。

スマホで写真を撮っておくのも良いですよね。

そうすれば、浮気をされたうえに夫婦生活が破綻していたなんてことを言われても問題ありません。

妻の態度が冷たいから離婚したいと言われた

離婚したいと言われた
単身赴任をしている夫が「久しぶりに会った妻の態度が冷たいから離婚したい!」

とのように言ってきたらどうしますか?

それまでに夫婦間にとくに問題もなかったのに、いきなりそんな理由で離婚を要求されたら驚きます。

と同時に、あることに気付きましょう。

このようなわけのわからないことを言い出した時というのは、おそらく浮気をしています。

離婚を要求された時点で探偵に調査を依頼しても良いくらいに浮気は濃厚です。

調査をしてもらって、浮気の証拠を集めて逆に浮気の証拠をしっかりと突き付けて離婚を回避するか、もしくは離婚をして慰謝料をたっぷりともらいましょう。

妻が家出をした時の行き先が分かるかかどうかチェック

家での時の行き先
夫が自分に対してどの程度愛情を持っているのか、浮気をしていないか、ということを試すために一度家出をしてみるのも良いかもしれませんね。

単身赴任をしている夫の家に出向き、普通通りに過ごして、突然家出をしてみましょう。

家出先はベタな実家で問題ありません。

これで実家にも連絡がなく、探すこともない。

そんな時にはかなり愛情が冷めている可能性がありますので、浮気の可能性を疑って良いかもしれません。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す