15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気を妻がした場合の親権は?養育費や妻への慰謝料をチェック

妻の浮気
浮気というのは必ずしも男性である夫がするというものではありません。

浮気というのは男性も女性もするものであり、簡単に思い込みを持ってはいけません。

自分の妻が浮気をしているなんてあり得ないだろう…。

そのように思っている方は妻の浮気を一度疑って見たほうが良いでしょう。

妻の浮気で離婚すると親権はどうなるの?

浮気の親権妻の浮気によって離婚をする場合には親権というのはどうなっているのでしょうか。

浮気というのは配偶者に対しての裏切り行為になります。

浮気が原因で離婚をする場合、浮気をした当事者から離婚を要求することはできません。

また、浮気をされた配偶者は慰謝料を請求することができます。

ただし、浮気をしたのが妻であっても、妻に親権を取られてしまうことがあります。

浮気をしたとはいっても、子供に対して愛情がないのかといえばそうではありません。

また、子供が小さければ小さいほど、母親に親権が渡る可能性が高いと考えて良いでしょう。

妻が浮気をするために子供を家で留守番をさせていたり、浮気に子供を育てるうえで必要な進学費用を使い込んでしまった場合にはやはり親権は父親が取りやすくなります。

 

では、父親が親権を取る時には、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

父親であっても、どのように行動するかによって親権を取得することは有利になります。

では、父親が親権を取得するにはどうすれば良いのでしょうか。

やはり養育実績を作るということが重要です。

この養育実績というのは、父親がどれだけ育児に積極的に取り組んだのか、ということです。

小さい子供ほど母親に親権がいきやすい理由は、子供を育てたという実績がたっぷりとあるからなのです。

つまり、子供の養育実績を作ることで親権を取りやすくなります。

小さい子供を父親が1人で全て面倒をみるというのは困難かもしれません。

しかし、それこそが親権者になるということであり、重要なポイントになるのです。

仕事と両立をするのが難しい、という場合には親族に力を借りるというのも良いでしょう。

しかし、結局は仕事ばかりで子供の顔をみるのは寝顔だけ、というのでは養育実績にはなりません。

充分に注意してください。

 

そして子供にしっかりと愛情を示すようにしてください。

母親と一緒にいるよりも、父親と一緒にいる時のほうが良いと思わせることも重要です。

また、子供の生活環境を変えずに済むように心がける必要があります。

転校をしたり、住み慣れた場所から遠く離れるようなことがあってはならないのです。

このような環境の変化というのは子供にとって非常に辛いものですのでできるだけ環境を変えずに済むようにしなければなりません。

妻の浮気と養育費の支払い方法

妻の浮気
一般的に離婚をした時には、母親が親権を取り、父親は子供に養育費の支払いをするものだと思われている方も多いと思います。

例え妻の不倫が原因となって離婚をしたとしても、自分の子供であることには違いありません。

必ず離婚をしなければならない原因をつくった加害者側が養育費を支払う、というものでもありません。

そして親の責任としては養育費の支払いをすることが重要になります。

そのため、基本的には経済力のある夫が支払いをする、というのが多いようです。

その結果、養育費は浮気をした妻の元に入るというのは非常に悔しい気持ちになるものです。

それでも、子供のためであると割り切ることで、ある程度諦めもつくでしょう。

 

なんとしても養育費の支払いをしたくない!というのであれば、慰謝料の請求をしてみましょう。

自分に一切の落ち度がないにも関わらず妻が浮気をしたのであれば、それは慰謝料を受け取ることができるかもしれません。

養育費は子供のために支払うものであり、父親であれば養育費の支払いには応じるべきでしょう。

しかし、慰謝料というのは自分が精神的ダメージを受けた分だけ受け取ることができますよ。

妻が浮気した時の慰謝料と相場

慰謝料 相場
慰謝料の相場というのは50万円から300万円前後だと言われているのですが、浮気の期間が長ければそれだけ長くなるといわれています。

ただし、これはあくまでも相場というだけで、慰謝料の請求額というのはいくらに設定するのか、というのは自由です。

事を荒立てずに、少しでも穏便に済ませたいと思っているのであれば、相手は要求した額をすんなり支払ってくれることもあります。

そのため、最初は少し高額な慰謝料を請求しても良いかもしれませんね。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す