15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

浮気の意味は?慰謝料や弁護士費用はどうなるの?

浮気 意味

浮気というのは夫婦間、そして家族間に大きな溝を作ってしまう行為です。

しかし法律上においては浮気、不倫という言葉は使用されません。

離婚裁判において浮気などが争点になることは非常に多いのですが、正しくは浮気や不倫をした、ということよりも不貞行為があったのかどうかが争点となっているのです。

この不貞行為というのは配偶者以外と性交渉などの肉体関係を結んだという意味です。

キスや手をつなぐということはこの不貞行為には含まれません。

 

では不貞行為がなければ裁判において離婚を成立させることができないのかといえばそうではありません。

肉体関係を持っていなくても離婚が成立することというのは十分にありえるのです。

不貞行為は離婚原因のあくまで1つにすぎないのです。

浮気による慰謝料は請求できる?

慰謝料 請求
浮気というのは物的証拠があることが重要です。

もちろん物的証拠がないとはいっても慰謝料を請求できないわけではありません。

協議離婚であれば証拠があってもなくても2人で支払うと決めれば支払うことになります。

浮気をしていることは事実でも、証拠を集めることができないからと請求しないこともあるのです。

証拠が必要になるのは裁判が開始されてから、ということになります。

証拠が一切なければ慰謝料を支払ってもらうことはなかなか難しいのですが、証拠がなくてもしっかりと請求を続けることが大切になります。

この慰謝料の相場というのは年々少しずつですが、少なくなってきています。

浮気の慰謝料と判例

浮気 判例
慰謝料の相場や判例というのは、自分がどの程度の慰謝料を受け取ることができるのか、という参考になります。

不貞行為を行った相手からどの程度の慰謝料をもらうことができるのか、というのはやはり気になるものです。

浮気による慰謝料というのは結婚生活の長さ、不貞行為の回数、相手の収入等様々な関係して変化します。

そのため一概には相場を出すことはできませんが、100万円から300万円となることが一般的です。

浮気が原因で離婚をする場合には最高でも300万円までとなることが多いです。

離婚をしなければ最高でも200万円までとなることが多いです。

 

そして浮気が発覚する前の婚姻生活がどのようなものだったのかも関係してきます。

浮気が発覚する前にどのような共同生活をしていたのか、ということですが、円満であれば慰謝料の金額は高くなります。

落ち度がないにもかかわらず浮気によって生活を壊されてしまったのですから。

その一方で浮気発覚前から夫婦仲がすでに崩壊していたのであれば、慰謝料の金額は下がります。

 

さらに自分自身に落ち度がなかったかも重要です。

配偶者に冷たく接していたり、家事をしなかったり、暴言や暴力を振るっていた場合には当然慰謝料は減額されることになります。

自業自得だと判断されてしまうからです。

浮気相手に対する慰謝料請求が認められるために必要なことは、浮気相手に故意・過失があるということが重要です。

結婚をしていることを知っていながら肉体関係を持っていた。

その場合には慰謝料は高額になります。

その逆で結婚していることを知らなかった、もしくは結婚生活がすでに終わっていたと思っていた場合にはその点は考慮されます。

 

では、このような慰謝料を支払ってもらううえで弁護士を雇うとなるとどの程度の費用がかかるのでしょうか。

浮気の慰謝料請求で弁護士費用はどれくらいかかるの?

弁護士費用
慰謝料の請求額が高額になれば高額になるほど弁護士費用も高額になります。

弁護士費用の報酬金というのは得ることができた金額によって計算されるものですので、判決による金額が低くなれば当然費用も低くなります。

着手金に関しては請求額によって上下します。

まずは、依頼をしようと思っている弁護士事務所に費用について問い合わせをする、というのがベストです。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

コメントを残す